クラウドファンディングで得られる見返りについてタイプごとにわかりやすく解説!

クラウドファンディングは事業主や借り手に金銭的な支援をすると、その見返りとしてリターンが得られる仕組みであることは有名ですが、どのような見返りを得られるかは、クラウドファンディングの案件のタイプによって異なります。

この記事ではクラウドファンディングの見返りの種類について解説していきます。

クラウドファンディングの見返りはタイプにより異なる

クラウドファンディングと一言で言っても、さまざまな種類があります。

まず、金銭的なリターンがあるかどうかによって非投資型と投資型のものに大きく分かれ、それぞれが更にリターンの性質によりさらに分類されます。

投資型クラウドファンディング

・融資型クラウドファンディング
・不動産クラウドファンディング

・株式投資型クラウドファンディング

非投資型クラウドファンディング

・寄付型クラウドファンディング
・購入型クラウドファンディング

見返りは金銭かモノ・サービスのどちらか

クラウドファンディングの見返りの種類は、クラウドファンディングのタイプごとに異なります。

投資型クラウドファンディング

融資型クラウドファンディングの見返り

融資型クラウドファンディングのリターンは、元本(償還金)と利回り(分配金)です。融資型クラウドファンディングの案件のリターンの特徴は、利回りが5~10%と高いことです。

融資型クラウドファンディングでは、調達された資金でファンドが組成され、それを元手に太陽光発電などのプロジェクトが実行されます。

投資したお金の運用が終了すると、投資額に基づいたリターンが自動的に投資家の口座に入金されます。

融資型クラウドファンディングの場合、価格変動など大きなリスクもないので、投資してからやることといえば基本的に待機することだけです。

不動産クラウドファンディングの見返り

不動産型クラウドファンディングのリターンは通常の不動産投資と同様、家賃収入(インカムゲイン)と物件の売却益(キャピタルゲイン)です。

不動産クラウドファンディングでは、投資家は住所など具体的な情報を参照した上で物件選びから関わることができるため、最大限リスクを抑えて見返りを得られます。

特に賃料収入に関しては非常に安定的な見返りが見込めることが特徴です。

株式投資型クラウドファンディングの見返り

株式投資型クラウドファンディングのリターンは非上場企業の未公開株式です。

ただし、取得した株式は投資先の企業がIPOやM&Aなど、企業がイグジットをした場合にのみ自由に売買が可能となります。

日本ではまだ株式投資型クラウドファンディングのIPOやM&Aの事例はありませんが、海外ではすでにあります。

欧米でIPOが発生したのは法制度が整備されてから4、5年後であるため、日本でもこれからそうした企業が出てくる可能性は十分あります。

株式投資型クラウドファンディングでは、将来有望な企業を見つけるための目利きが重要となります。
ぜひ信頼のおける素敵な企業やサービスを見つけて投資にチャレンジしてください!

非投資型クラウドファンディング

寄付型クラウドファンディングの見返り

原則として、寄付型クラウドファンディングにおいては支援者に対するリターンは発生しません。

これは、寄付型クラウドファンディングの案件は慈善活動など、社会貢献性の高い事業やプロジェクトがメインであるからです。

支援者も、最初からリターンを前提に資金を投じていないをしていない点が他のタイプのクラウドファンディングと異なります。

「助けたい」「力になりたい」という、見返りを求めない想いこそが、この寄付型クラウドファンディングの根底を成す概念です。

購入型クラウドファンディングの見返り

購入型クラウドファンディングにおけるリターンとは、借り手の事業者が生み出したモノやサービスです。

支援者もインターネットで手軽に「共感」や「賛同」に基づいて案件の支援ができ、プロジェクトの完遂まで起案者と一体となって参加できます。

起案者は支援額をもとにこのようなモノやサービスを作るというのを予め公開するため、その成果物の欲しさに支援者は投資します。

そもそも企業も購入型クラウドファンディングを用いるのは、商品化を考えているモノやサービスのテストマーケティングが目的である場合が多いです。

消費者の心理がわかるうえに金融機関を介さずに資金調達が可能なので、クラウドファンディングは試作品の開発にはうってつけの手段と言えます。

まとめ

今回はクラウドファンディングの見返りについて解説しました。

リターンの種類でクラウドファンディングを種類ごとに区分できると言っても過言ではありません。

自分がどのタイプのクラウドファンディングの案件に投資を考えているのか、投資への見返りとして何を得ることができるのかを十分に理解した上でクラウドファンディングに着手しましょう。

投資型クラウドファンディングシステムCrowdShip Fundingであれば、専任のコンサルタントがクラウドファンディング事業の構築を着実に支援し、成功に導きます。

 

・Fintechサービスに不可欠であるセキュアなシステム設計で、安心してクラウドファンディング事業を運営可能です。

・事業立ち上げからライセンス取得、業務設計・システム導入支援、運用定着化まで一貫してサービス提供可能です。

・金融商品取引法、貸金業法、 不動産特定共同事業法など各法律に準拠。事業開始に必要な網羅的なシステム機能の標準搭載に加え、お客様の要望に沿った柔軟なカスタマイズが可能です。

・業務効率化(自動化)のサポートが充実しており、投資商品の設計・開発にリソースを集中させることができます。

 

まずはお気軽にお問い合わせください。

問い合わせる