不動産クラウドファンディングの2つの募集方式。先着式と抽選式の違いは?

不動産クラウドファンディングには2つの募集形式があります。

この記事では不動産クラウドファンディングのそれぞれの募集方式について解説していきます。



不動産クラウドファンディングの募集方式の2つの募集方式

先着式

先着式とは、先着順でファンドの募集を行い、目標金額に達すると、募集終了となる募集方式です。

目標金額に達して募集終了するまでに間に合えば、確実に投資することができます。

ただし、先着式のファンドは、募集開始から数秒で完売することもあるため、人気の高いファンドに投資する際は、募集開始時刻と同時に投資できるようにスタンバイしておく必要があります。

抽選式

抽選式とは、一定の募集期間にファンドへの出資応募を受け付け、応募額が募集額を超えた場合には、募集期間終了後に抽選を行い、当選した投資家のみが投資できる募集方式です。

抽選式のファンドは投資のチャンスがどの投資家にも平等に与えられており、募集期間内であれば、いつでも応募することが可能です。

しかし、仮に当選できたとしても、部分当選といって、申し込んだ金額時よりも実際に当選して割り当てられた投資額が小さくなったり、大口の金額で応募した投資家がで満額で当選した場合、その分当選人数が絞られてしまうは減少する点は注意が必要です。


不動産クラウドファンディングに投資する際のコツ

不動産クラウドファンディングは人気が高く、特に好条件のファンドの場合は、先着方式にしろ抽選方式にしろ、申込者多数のために投資できないこともあります。

先着式であれば満額成立までに相応の時間がかかるような募集額の大きな金額のファンドを探してみたり、抽選式であれば倍率を確認し、当選確率の高そうなファンドを探して応募してみるなど工夫ができます。

もちろん、投資の際には、ファンドの詳細ページをよく読み、リスクを十分把握してから投資するように心がけ、

仮に投資できなかったとしても気落ちせず、次の投資機会を待つといった姿勢で臨むことをお勧めします。



CrowdFunding Channelでは、投資家の皆様に役立つ投資型クラウドファンディングに関する情報を発信しています。
各社サービスの状況も随時更新していますので、是非ご覧ください!

不動産クラウドファンディング
【ランキング】
利回り 上位5社
【ランキング】
累計募集金額 上位5社
【徹底比較】
全サービス実績比較
【徹底比較】
どんな会社が不動産クラウドファンディングの運営しているの?
ランキングランキング