不動産クラウドファンディングで元本割れをするとどうなるのか。安全性を高める仕組みについても解説

不動産クラウドファンディングに取り組むうえで考慮すべきリスクの1つが元本割れです。 

この記事では不動産クラウドファンディングの元本割れについて解説します。



不動産クラウドファンディングの元本割れとは

不動産クラウドファンディングの元本割れとは、不動産相場の急激な下暴落や事業者の倒産などにより、ファンドの運用期間終了後の元本償還金額が、投資した金額を下回ることを指します。

不動産クラウドファンディングでは一般的に、投資対象となる不動産物件からもたらされる賃料収入(インカムゲイン)を元手に分配金が支払われ、物件の売却益(キャピタルゲイン)が元本償還にあてられます。

このため、物件が想定よりも安く売却された場合、元本割れの危険性が高まります。

元本割れリスクは常に付きもの物

不動産クラウドファンディングでは、出資金元本の保証はされておらず、元本割れリスクは常に存在します。

こうしたリスクを踏まえたうえで、劣後出資割合の高いファンドを選んだり、分散投資を心掛けたりといった工夫をあらかじめしておく必要があります。

元本割れリスクを最小限にするための仕組み

不動産クラウドファンディングには、元本割れリスクを最小限に抑えるための仕組みである「優先劣後スキーム」と呼ばれる仕組みが導入されています。

優先劣後スキームとは、ファンドへの出資総額を優先出資と劣後出資に分け、ファンドの運用で損失が出た場合に、クラウドファンディング事業者が損失分をカバーし、投資家の損失を最小限に食い止めるための仕組みを指します。

このような安全性を高める仕組みは存在しますが、元本割れリスクは0にはならないので投資をする際は注意しましょう。

CrowdFunding Channelでは、投資家の皆様に役立つ投資型クラウドファンディングに関する情報を発信しています。
各社サービスの状況も随時更新していますので、是非ご覧ください!

不動産クラウドファンディング
【ランキング】
利回り 上位5社
【ランキング】
累計募集金額 上位5社
【徹底比較】
全サービス実績比較
【徹底比較】
どんな会社が不動産クラウドファンディングの運営しているの?
ランキングランキング