不動産クラウドファンディング事業者アンケートを実施!驚愕の回答結果を大公開!

この度、CrowdFunding Channelでは、不動産クラウドファンディング事業者を対象に、「不動産クラウドファンディング事業者アンケート」を実施し、18社から回答をいただきました。
(ご協力いただいた18社のご担当者様、お忙しい中ご協力いただき誠にありがとうございました。)

不動産クラウドファンディングの現状が、「事業」の観点から浮き彫りになりました。

ご回答いただいた事業者の方はもちろんのこと、これから不動産クラウドファンディング事業への参入を考えている事業者の方にも参考になる内容です。

早速回答結果を見ていきましょう。

投資型クラウドファンディングシステム
「CrowdShip Funding」

 

東証プライム上場企業を含む約50社への導入実績
経験豊富な専任コンサルタントにより
事業構築~システム導入まで一気通貫でサポート
不特法、金商法など各種法令への準拠、許認可取得のサポートにも対応
IT導入補助金で、最大450万円の導入費用を補助できます
※補助金のご利用には審査があります。

 

様々なビジネススキームに対応

不特法型
融資型
株式・事業投資型

 

当社CrowdShipシリーズは、各ビジネススキームに対応し、各社にカスタマイズしたクラウドファンディング事業立ち上げを支援します。
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

 

導入事例

アンケート結果

回答者様の役職

マーケティング担当者様、広報担当者様、システム担当者様など、幅広い役職の方々にご協力いただきました。

事業の立ち上げに関して

不動産クラウドファンディングを始めた理由

事業者によってまちまちですが、「新規事業を始めたかったため」、「投資家との接点を持ちたかったため」、「機動的に資金を調達したかったため」という回答が過半数を占めています。

不動産クラウドファンディング事業を何で知りましたか?

「同業者・弁護士などからの紹介」が過半数を占めています。

サービス開発は内製化していますか?外注していますか?

「全て外注」が半数。

システムの導入運用に外部企業が必要かどうかは、不動産クラウドファンディング事業を行う主体が「不動産企業」か「不動産テック企業」かで異なります。

投資家獲得で最も効果的な手段は何ですか?

「web広告出稿」と「アフィリエイト広告出稿」が過半数を占めており、投資家獲得に有効な手段と言えます。

その他「ポイントサイト」、「案件数増加」、「株主宛のマーケティング」などの回答をいただきました。

事業を始める際に苦労したことは何ですか?

「不特法の事業者登録に苦労した」と回答した企業が半数を占めています。

事業化にはやはり、弁護士など外部のサポートが必要と言えます。

現状

マーケティングに関して

現在までの投資家数はどのくらいですか?

「100人~500人」というところもあれば、「30000人~50000人」というところもあり、事業者ごとに、投資獲得数には偏りがあります。

継続的かつ魅力的なファンド募集や今後のためにも、投資獲得のための施策に注力すべきであると言えます。

投資家層で最も多いのはどの年齢層ですか?

40代が6割を占めています。

必ずしもデジタルに親しんでいる若年層に人気とは言えないようです。

案件組成に関して

不動産クラウドファンディング事業に取り組む最大のメリットは何ですか?

「独自の資金調達手段を確保できる」の回答が半数を占める。

金融機関を介さない資金調達手段であるクラウドファンディングによって、素早く資金調達し、物件を取得できる点に各社が大きなメリットを感じているようです。

不動産クラウドファンディングを運営する上で苦労しているポイントは何ですか?

「継続的かつ魅力的なファンドの組成」と「投資家の新規獲得」に二分化。

サービスの運営上、現在最も注力していることは何ですか?

「投資家数の増加」「継続的なファンド募集」が半数以上を占めています。

マーケティングに課題感を感じている事業者も多く、各社、当面の注力ポイントとなりそうです。

自社の不動産クラウドファンディングは好調だと思いますか?

「どちらともいえない」が過半数を占めており、サービスの拡大は各社まだまだこれからという印象を受けました。

同業他社で特に注目している不動産クラウドファンディングサービスは何ですか?また、その理由は何ですか?

「募集金額と利回りの高さ」「実績が多彩なため」「業界最大手と認識しているから」などの理由で、CREALとCOZUCHIに各社の熱い視線が集まっていました。

その他、「競合を意識せず独自で取り組んでいる」との回答もいただきました。

事業の課題に関して

自社サービスの現状の課題は何ですか?

「マーケティング」、「想定通りのファンド組成・提供ができていない」、「事業採算性」など事業者によってバラバラ。

「どれか一つではなく、それぞれの項目で課題がある」という回答もいただきました。

今後に関して

不動産クラウドファンディング事業の今後の展望はどのようなものですか?

「今後さらに拡大させる」という回答が全体の7割を占めています。

既存のプレイヤーは、不動産クラウドファンディング事業に、おおむね手ごたえを感じているようです。

今後の具体的な取り組み

「開発ファンドや海外ファンドなど、商品ラインナップの拡充」、「マーケティングの強化」、「収益力の向上」が全体の約7割を占めています。

まとめ

回答結果から、不動産クラウドファンディングの現状が浮き彫りになりました。

事業者にとって、不動産クラウドファンディングは独自の資金調達手段として確立しており、継続的かつ魅力的なファンドの組成のためにも、投資家獲得がいかに重要かがお分かりいただけたかと思います。

今後も不動産クラウドファンディング市場は拡大していきます。

グローシップ・パートナーズでは、システムの導入のみならず、マーケティング戦略立案・実行まで一気通貫でサポートさせていただいておりますので、是非お気軽にご連絡ください!

クラウドファンディング事業の立ち上げをご検討の方には、投資型クラウドファンディングシステムCrowdShip Fundingがオススメです!

専任のコンサルタントが貴社のクラウドファンディング事業の構築を着実に支援し、成功に導きます。

・不動産クラウドファンディングシステムシェアNo.1。東証一部上場企業を含め40社以上の導入実績があります。

・Fintechサービスに不可欠であるセキュアなシステム設計で、安心してクラウドファンディング事業を運営可能です。

・事業立ち上げからライセンス取得、業務設計・システム導入支援、運用定着化まで一貫してサービス提供可能です。

・金融商品取引法、貸金業法、 不動産特定共同事業法など各法律に準拠。事業開始に必要な網羅的なシステム機能の標準搭載に加え、お客様の要望に沿った柔軟なカスタマイズが可能です。

・業務効率化(自動化)のサポートが充実しており、投資商品の設計・開発にリソースを集中させることができます。

 

お気軽にお問い合わせください。

問い合わせる