上場企業や大手企業の運営する不動産クラウドファンディングの特徴について解説。

不動産クラウドファンディングには様々な規模の事業者が参入していますが、会員登録や投資の基準の一つになるのが運営会社の信頼性です。

中でも上場企業や大手企業が運営している不動産クラウドファンディングは、信頼性の高さゆえに投資家に人気があり、募集開始から数分で完売することが日常茶飯事です。

この記事では上場企業の運営する不動産クラウドファンディングの特徴や事例をご紹介していきます。

上場企業の運営する不動産クラウドファンディングの特徴

魅力的な商品組成能力

上場企業の運営する不動産クラウドファンディングの主な特徴として、コンスタントに安全性・収益性に優れたファンドを公開していることが挙げられます。

上場企業は、開発や仲介など多様な不動産事業を手掛けており、そのノウハウが不動産クラウドファンディングにも十分生かされています。

IR情報を確認できる

上場企業であるため、有価証券報告書などが開示されており、経営状況を確認し、納得したうえで投資することができます。

倒産リスクが低い

不動産クラウドファンディングにおける代表的なリスクである、事業者倒産リスクが低いことも特徴です。

非上場企業と比べると、高すぎる利回り設定やリスキーな物件が対象となることもなく、無理なく投資することができます。

上場企業の運営する不動産クラウドファンディングの一覧

東証プライム

TREC FUNDING(トーセイ株式会社 資本金:66,248,900,000円)

GALA FUNDING(株式会社FJネクスト 資本金:755,000,000円)

Jointo α(株式会社あなぶき興産 資本金:755,000,000円)

B-Den(株式会社ビーロット 資本金:143,000,000円)

Rimple(株式会社プロパティエージェント 資本金:613,790,000円)

GoodComFund(株式会社グッドコムアセット 資本金:1,594,280,000円)

プレファン(株式会社プレサンスリアルタ 資本金:101,000,000円)

東証スタンダード

信長ファンディング(株式会社ウッドフレンズ 資本金:279,125,000円)

大家どっとこむ(株式会社グローベルス 資本金:100,000,000円)

KORYO FUNDING(株式会社香陵住販 資本金:363,277,000円)

東証グロース

CREAL(株式会社クリアル 資本金:1,293,710,800円)

TASUKI Funds(株式会社タスキ 資本金:1,049,640,000円)

A funding(株式会社AMBITION 資本金:379,780,000円)

RENOSY クラウドファンディング(株式会社GA technologies 資本金:7,219,775,736円)

その他

TSON FUNDING(株式会社TSON 資本金:100,000,000)

LANDNET FUNDING(株式会社ランドネット 資本金:695,956,000円)

上場企業の運営する不動産クラウドファンディングに投資する際の注意点

上場企業が運営していることによって、安全性が増していることは事実ですが、事業者倒産リスクや元本毀損リスクなどは依然として存在します。

こうした事実を考慮しながら、投資判断をするようにしましょう。

また、利回りが低めに設定されているサービスも多いため、高利回りのファンドに投資したい人はよく確認するようにしましょう。

当サイトでは、各不動産クラウドファンディングサービスのデータを掲載しておりますので、投資をする際には是非参考にしてください。

【最新版】不動産クラウドファンディングサービス一覧

【徹底比較】不動産クラウドファンディングサービス別実績

CrowdFunding Channelでは、投資家の皆様に役立つ投資型クラウドファンディングに関する情報を発信しています。
各社サービスの状況も随時更新していますので、是非ご覧ください!

不動産クラウドファンディング
【ランキング】
利回り 上位5社
【ランキング】
累計募集金額 上位5社
【徹底比較】
全サービス実績比較
【徹底比較】
どんな会社が不動産クラウドファンディングの運営しているの?
ランキングランキング