貸付投資の「Funds」、株式会社フェイスネットワーク(東証マザーズ上場)の子会社と事業提携

1円から貸付投資ができる「Funds(ファンズ)」を運営するファンズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:藤田雄一郎)は、株式会社フェイスネットワーク (以下フェイスネットワーク社、東証マザーズ:3489)の子会社であるFaithファンズ合同会社(本社:東京都渋谷区、代表社員:株式会社フェイスネットワーク)との業務提携契約を4月15日付で締結した。

■ 株式会社フェイスネットワークについて
フェイスネットワーク社は2001年の設立以降、東京都の城南3区エリア(世田谷区・目黒区・渋谷区)に特化した新築一棟マンションプロジェクト事業を展開している東証マザーズ上場企業。

独自ブランド「GranDuo(グランデュオ)」を展開し、城南3区エリアでの新築一棟RCマンション竣工棟数はNo.1となっている。同地区に特化していることで得られる豊富な土地の情報に加え、地盤に高低差がある土地や狭小地といった土地での物件開発ノウハウを強みとしている。
※(株)建設データバンク調べ 2019年4月現在

■ Fundsを利用する目的と背景
フェイスネットワーク社は既に不動産小口化商品を提供しており、2口500万円から不動産関連投資に取り組めるサービスを展開している。

今回のFundsでの取り組みを通じて、1円という少額から顧客が不動産関連投資に取り組める機会を提供するとともに、GranDuoという自社ブランドの認知度向上を目指している。

募集日時や金額をはじめとするファンドの詳細な情報については、順次公開していく。

■ Fundsについて
Fundsは、個人が1円から上場企業グループへ貸付投資ができるオンラインプラットフォームを提供している。これまで上場企業を中心とした11社が組成する約20のファンドを募集し、分配遅延・貸し倒れは0件(2020年4月現在)。

<貸付投資Fundsの主な特徴>
・ファンドの利回りは年率3.0%(予定/税引前)前後のものが中心

低金利が続く状況下の日本において、約3%前後の「ミドルリスク・ミドルリターン」の金融商品として多くの個人投資家からの支持を得て、サービス開始から約1年で会員登録2万人を突破した。

・1円単位での投資が可能
投資初心者でも、心理的なハードルを感じることなく投資できるよう、Fundsでは業界初1円単位での投資を可能としている(ファンズ株式会社調べ)。

 ・選定基準をクリアした上場企業のみが参加
現在、Fundsに参加して資金調達を行う企業は原則として上場企業に限定しています。また、上場企業であってもファンズ株式会社の定めた財務状況や事業計画等についての審査を通過しない限り、Funds上で資金調達を行うことができない。

 ・優待券など特典も充実
昨年からは「Funds優待」を投資家に付与し、割引サービスや投資家限定の試食イベントに招待するなどの試みを行っている。Fundsではこうした投資家との関係構築の取り組みを「FinCommunity(フィンコミュニティ)」と呼び、今後、個人投資家と企業がお金を介して相互理解を深めていく新しいつながりの場を提供する。

商号 ファンズ株式会社
本社 東京都港区西麻布3-2-1 北辰ビル 7F
代表取締役 藤田雄一郎
設立 2016年11月1日
資本金 408,000千円
第二種金融商品取引業
登録番号 関東財務局長(金商)第3103号
一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

投資型クラウドファンディングシステムCrowdShip Fundingであれば、専任のコンサルタントがクラウドファンディング事業の構築を着実に支援し、成功に導きます。

 

・Fintechサービスに不可欠であるセキュアなシステム設計で、安心してクラウドファンディング事業を運営可能です。

・事業立ち上げからライセンス取得、業務設計・システム導入支援、運用定着化まで一貫してサービス提供可能です。

・金融商品取引法、貸金業法、 不動産特定共同事業法など各法律に準拠。事業開始に必要な網羅的なシステム機能の標準搭載に加え、お客様の要望に沿った柔軟なカスタマイズが可能です。

・業務効率化(自動化)のサポートが充実しており、投資商品の設計・開発にリソースを集中させることができます。

 

まずはお気軽にお問い合わせください。

問い合わせる