クラウドファンディング事例① 株式会社インテリックス

クラウドファンディングの事例を紹介していきます。

第1弾は株式会社インテリックスです。(https://www.intellex.co.jp/)

株式会社インテリックスは、不動産クラウドファンディングサービス「X-Crowd」(https://x-crowd.jp/)を運営しています。

会社概要

会社名株式会社インテリックス
設立1995年7月17日
所在地〒150-0002東京都渋谷区渋谷2-12-19 東建インターナショナルビル11F
上場市場東証一部(証券コード 8940)
資本金22億5,300万円
代表者代表取締役会長
山本 卓也
代表取締役社長
俊成 誠司
従業員数連結318名、単体228名 (2020年5月末現在)
事業内容不動産売買・不動産賃貸業・不動産コンサルティング
許認可[宅地建物取引業者免許] 国土交通大臣(4)第6392号
[不動産特定共同事業者許可] 東京都知事 第97号

株式会社インテリックスは、東証一部上場の不動産企業です。

リノヴェックスマンション事業、リノベーション内装事業で構成されるリノベーション事業分野と、リースバック事業、アセットシェアリング事業、クラウドファンディング事業で構成される不動産ソリューション事業分野でサービスを展開しています。

同社が特に強みを持つ事業がリノベーション事業です。

リノベーションとは、既存の建物に対して大規模な改修工事を加えることで、その付加価値により住居の機能を向上させることです。

リノベーション業界は、国策にもなっている成長分野です。

近年話題になっている中古住宅のストック増や人口減少、ライフスタイルの多様化によって「リノベーション」という言葉の認知・ニーズが拡大している中、創立以来同社はリノベーションのパイオニアとして事業展開してきました。

X-Crowd 概要

インテリックスが運営する不動産クラウドファンディングサービスが、X-Crowdです。

X-Crowdは、リノベーション事業で実績を積み上げてきた同社が2019年11月に初めてのファンドを公開した不動産特定共同事業法に基づくクラウドファンディングです。

投資家は不動産特定共同事業法の匿名組合契約に基づき、インテリックスが所有する物件に出資・運用で得られた配当を受け取ります。

また、X-Crowdには優先劣後構造が採用されています。

優先劣後構造とは、不動産価格の下落した場合でも劣後出資分までの下落であれば、投資家の出資元本が守られるというものです。

下落分が劣後出資全額を超過した場合には、優先出資者の元本は毀損します。

X-Crowdの場合は、インテリックスの強みであるリノベーションを施すことで付加価値を与えた物件をもとにファンドが組成されます。

現在新規で募集中のファンドはありませんが、運用中の2件のファンドはいずれも京町屋を対象にしており、日本特有の文化を残す地方創生に寄与するものとなっています。

X-Crowd ファンド一覧

X-Crowdで現在運用されているファンドは合計2件です。

ファンド1号(珠数屋町)口

所在地京都市下京区正面通油小路西入珠数屋町112番地
募集金額63,000,000円
現在申込金額63,000,000円
予定分配率3.0%
投資単位1口あたり 100,000円
最低口数1口
運用期間約12ヶ月
予定開始日2019年12月21日
予定終了日2020年11月30日
募集開始日2019年11月29日
募集終了日2019年12月06日

 

ファンド2号(すみ蛍おぼろ)口

所在地京都市下京区櫛笥通丹波口下る裏片町176番1
募集金額31,000,000円
現在申込金額31,000,000円
投資単位1口あたり 100,000円
最低口数1口
運用期間約18ヶ月
予定開始日2020年02月28日
予定終了日2021年08月31日
募集開始日2020年01月30日
募集終了日2020年02月13日

利回りは然程高いわけではないですが、公開されているファンドはすべて満額を達成し、現在運用中です。

現在新規ファンドの募集はありませんが、今後もリノベーションを生かした物件のファンド公開が期待されています。

投資型クラウドファンディングシステムCrowdShip Fundingであれば、専任のコンサルタントがクラウドファンディング事業の構築を着実に支援し、成功に導きます。

 

・Fintechサービスに不可欠であるセキュアなシステム設計で、安心してクラウドファンディング事業を運営可能です。

・事業立ち上げからライセンス取得、業務設計・システム導入支援、運用定着化まで一貫してサービス提供可能です。

・金融商品取引法、貸金業法、 不動産特定共同事業法など各法律に準拠。事業開始に必要な網羅的なシステム機能の標準搭載に加え、お客様の要望に沿った柔軟なカスタマイズが可能です。

・業務効率化(自動化)のサポートが充実しており、投資商品の設計・開発にリソースを集中させることができます。

 

まずはお気軽にお問い合わせください。

問い合わせる