TAG

不動産特定共同事業法

【徹底比較】不動産クラウドファンディングサービス別実績

  【2021年9月6日更新】 ※スマートフォンの方は横にしていただくと見やすいです。 募集実績がある不動産クラウドファンディングサービス 本一覧は各社サイトの掲載情報を元に投資型の案件のみを集計しています。 募集金額は募集が完了した金額を集計しています。(募集前/募集中は含まれません) 平均想定利回りは募集金額に応じた加重平均としています。 各サービスの運営会社についてはこちらをご覧く […]

小規模不動産特定共同事業のポテンシャル!中小事業者だからこそできる事業とは?

不特定多数の投資家から資金を調達し、不動産を取得・運用し、収益を分配する不動産特定共同事業。 不動産への小口投資を可能とする不動産特定共同事業を運営するには不動産特定共同事業法の定める要件を満たす必要がありますが、近年、不動産特定共同事業法が改正されたことを受け、大きな資本力がなくても不動産特定共同事業を運営できる可能性が高まりました。 この記事では、不動産クラウドファンディングに代表される不動産 […]

【TREC FUNDINGから考察】不動産特定共同事業の特例事業とは?

不動産クラウドファンディングは、一口1万円~10万円と少額投資が可能なことやリターンが賃料収入・売却益を原資としたものであることが特徴ですが、投資スキームにいくつか種類が存在します。 数ある不動産クラウドファンディングの中でも1号事業がメジャーではありますが、投資家保護を目的として、法改正によって特例事業と呼ばれる事業形態が、平成25年度の不動産特定共同事業法の改正によって実現可能となりました。 […]

不動産特定共同事業法をわかりやすく解説!クラウドファンディング事業の許可取得のためにクリアすべき要件とは

少額での不動産投資を実現する不動産クラウドファンディング。 その適正な業務体制を可能とする不動産特定共同事業法は、不動産を小口化する上でクリアしなければならない許可や要件を細かく定めています。 不動産特定共同事業法の定める要件を満たし、不動産特定共同事業の許可を得るためには不動産特定共同事業法の変遷を知り、適正な事業運営に向けた体制を自社で整えていく必要があります。 この記事では不動産特定共同事業 […]

不特法事業者向けSTOプラットフォームで国内初の一般個人投資家向け不動産STOが実施

デジタル証券の発行・管理プラットフォームを提供するSecuritize Japan株式会社(住所:東京都中央区、代表取締役:ジェームス・エイチ・フィン、以下Securitize)は、不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME’S」等の住生活関連サービスを提供する株式会社LIFULL(ライフル)と不動産特定共同事業者(不特法事業者)向けSTO(Security Token Offer […]

不動産クラウドファンディングの匿名組合契約と任意組合契約の違いを詳しく解説。匿名組合契約のサービスが多いのはなぜ?

不動産クラウドファンディングで出資を募る形式は2種類あります。 それぞれ性質が異なり、メリット・デメリットが存在します。 この記事では不動産クラウドファンディングでファンドを募集する際の2つの形式の概要・マーケットの分布について詳しく解説し、募集形式ごとの不動産クラウドファンディングサービスの事例を提示していきます。 不動産クラウドファンディングの2つの出資形態 不動産クラウドファンディングで出資 […]

【ライブ配信有】国土交通省:クラウドファンディング対応、対象不動産変更型契約等 不動産特定共同事業制度と環境整備【JPIセミナー 9月29日(火)開催】

日本計画研究所は、国土交通省 不動産・建設産業局 不動産市場整備課 不動産投資市場整備室 課長補佐 井上 恵 氏を招聘して下記の通りセミナーを開催いたします。 セミナー終了後には、講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたしますので、ビジネスに役立てていただける構成となっております。 本セミナーは、会場及び、ご自宅等ライブ配信受講のいずれかをご選択いただけます。 〔詳細・申し込み〕https://w […]

不動産特定共同事業の電子情報処理組織編成のためのチェックリスト!業務最適化・投資家保護のために必要なことは?

不動産クラウドファンディング、すなわち不動産特定共同事業における電子取引業務を展開するためには、適切な業務管理体制を整える必要があります。 それが、電子情報処理組織と呼ばれる体制です。 電子情報処理組織の組成はクラウドファンディング事業を運営していくうえで不可欠な要素となっています。 この記事では、不動産特定共同事業法第54条第1号およびその電子取引業務ガイドラインをもとに、電子情報処理組織の組成 […]