【投資編】クラウドファンディングの手数料。口座経由だとやっぱりかかる…?

クラウドファンディング投資に手数料は発生するのでしょうか。

投資で得た利益をできるだけ確保するためにも、場面ごとの手数料について知っておくことは意味があります。

クラウドファンディングのサービスも多様化しているように、投資で発生する手数料にもさまざまな種類があります。

しかし、それはある程度パターン化されているためどの段階でどのタイプの手数料が発生するかを知っておけばコストを最小限に抑えることも可能です。

この記事では口座開設~償還までのクラウドファンディング投資のプロセスにおける手数料について詳しく解説していきます。

融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)では、入金時に手数料が発生するかも

ソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)では、入金時に手数料が発生する場合が多いです。

【振込入金の場合】
クイック入金サービスを利用せず、お持ちの銀行口座から出資金をご入金される場合、振込手数料をご負担いただきます。(振込手数料の額は、ご利用の各金融機関にお問合せください。)

出典:SBIソーシャルレンディング「よくあるご質問」

・振込手数料について
当社の預託金口座へお振込の際の銀行振込手数料は、お客様負担とさせていただいております。なお、振込手数料はご利用の金融機関によって異なりますので、ご利用の金融機関にご確認ください。

出典:クラウドクレジット「よくある質問」

投資口座への入金
(お客様口座 → 投資口座)
お客様負担

出典:Owner’s Book「手数料一覧」

銀行振込手数料について

  • お客様の銀行口座からLENDEXの投資口座への振込手数料はお客様のご負担となります。
  • LENDEXの投資口座からお客様の銀行口座への振込手数料は弊社にて負担いたします。

出典:LENDEX「手数料について」

融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)のサービスの中には、予め投資用資金を預けておける「預託金口座」を開設し、そこに入金されている資金をファンドに投資する形式をとっているサービスもあります。

会員登録や口座開設が無料のサービスばかりですが、金銭取引の前段階である預託金口座への入金手数料はかかってしまいます。

また、預託金の払い戻し手数料に関しては事業者によって発生してしまうケースが多いです。

・出金手数料について
預託金口座からお客様のご登録金融機関への払戻しをする場合の銀行振込手数料は、月1回は無料となります。なお、同月2回目以降は756円の事務手数料をいただいております。

出典:クラウドクレジット「よくある質問」

払戻(出金)にかかる費用はいくらですか?
払戻しの際の事務手数料は、一律、300円(消費税別)となっております。

出典:OwnersBook

一方で、会員登録の手数料、口座開設の手数料、口座維持管理の手数料、ファンド購入時の手数料口座開設費は発生しません。

このため、工夫次第では手数料などの余計なコストなしでソーシャルレンディングに取り組むことができます。

補足としての入金手数料の捉え方ですが、事業者が金融機関と提携して預託金口座を設けている場合、これはサービス運営事業者が投資家から徴収しているものと考えることは難しいです。

これを除けば、クラウドファンディングにおいて「事業者に直接」支払う手数料は、払い戻し手数料のみとなります。

ビジネスモデルの観点からみても、事業者は投資家からの手数料で収益をあげているわけではなく、基本的に貸付先企業から手数料を請求する形をとっています。

こうしたクラウドファンディング事業の仕組みを理解していくことが、手数料について理解することの近道となります。

手数料への対策

融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)で手数料を請求されないようにするにはどうすればいいのでしょうか。

残念ながら、払い戻しなどをしたい場合にはサービスによっては手数料を払うことが不可避となってしまう可能性が高いです。

一方で入金手数料に関しては、GMOあおぞらネット銀行や住信SBIネット銀行などのネット銀行と提携しているサービスであれば、実質無料にできます。

SBI ソーシャルレンディング:業界初!出資金の振込手数料を無料とするクイック入金サービスの開始について

クラウドバンク:即時入金提携金融機関一覧

入金手数料を支払わずにサービスを利用したい場合には、ネット銀行での預託金口座が開設可能かという軸でサービスを選定することも有効です。

事業者ごとにガイドラインがあるのでチェックしながら会員登録を検討していきましょう。

まとめ

この記事ではクラウドファンディングにかかる手数料について解説してきました。

クラウドファンディングは、基本的には貸付先企業から手数料を徴収するビジネスモデルであるため、工夫次第では投資家に手数料が発生してしまう可能性はほぼなくなります。

せっかくの投資で得た利益ですから、できるだけ無駄なコストを抑えていきましょう。

投資型クラウドファンディングシステムCrowdShip Fundingであれば、専任のコンサルタントがクラウドファンディング事業の構築を着実に支援し、成功に導きます。

 

・Fintechサービスに不可欠であるセキュアなシステム設計で、安心してクラウドファンディング事業を運営可能です。

・事業立ち上げからライセンス取得、業務設計・システム導入支援、運用定着化まで一貫してサービス提供可能です。

・金融商品取引法、貸金業法、 不動産特定共同事業法など各法律に準拠。事業開始に必要な網羅的なシステム機能の標準搭載に加え、お客様の要望に沿った柔軟なカスタマイズが可能です。

・業務効率化(自動化)のサポートが充実しており、投資商品の設計・開発にリソースを集中させることができます。

 

まずはお気軽にお問い合わせください。

問い合わせる