融資型クラウドファンディング「CAMPFIRE Owners」、カンボジア農家支援ファンド5号募集開始

​株式会社CAMPFIRE(本社:東京都渋谷区 / 代表取締役:家入 一真 / 以下、CAMPFIRE社 )のグループ会社である株式会社CAMPFIRE SOCIAL CAPITAL(本社:東京都渋谷区 / 代表取締役:加藤 義隆 / 以下、CSC社)運営の融資型クラウドファンディングサービス「CAMPFIRE Owners」は、「カンボジア農家支援ファンド5号」の募集の取扱いを本日より開始いたします。

尚、募集期間は2020年9月28日 ~ 2020年10月26日となります。

「カンボジア農家支援ファンド5号」:https://owners.camp-fire.jp/funds/32
投資家登録はこちらから:https://owners.camp-fire.jp/investors/sign_up

 

  • 「カンボジア農家支援ファンド5号」について

カンボジアは2000年以降、2009年~2010年リーマンショックの影響を除き、毎年6.5%以上の高いGDP成長率を維持しています。GDPにおける農業の比率は約30%と国内の主要産業であるだけでなく、カンボジア王国農林水産省(MAFF)の2016-2017年年次報告によれば、1年間のコメの生産量は995万トンと、同年日本の約800万トン(同年、日本国農林水産省)を大きく上回る量を生産しています。

しかし、カンボジアでは銀行等から融資を受けられず、トラクターやコンバインを購入できない農家がいます。ここに着目したJC FINANCE PLC.は、農家が新たに購入する農機を動産担保とするオリジナルのローンを開発。農家に寄り添った金融サービスを提供することで、2年間で累計1,000件以上の農機購入を支援しています。
これまでJC FINANCE PLC.は、「CAMPFIRE Owners」を通じて第1号から4号ファンドまでの資金調達を行っており、その実績は支援総額6,085万円、累計投資家数305名となりました。

この度の第5号ファンドでは、引き続きカンボジアの農家に対して、主に大型農機の購入ローンを提供するための資金調達を行います。

 

  • ファンド概要

ファンド名:カンボジア農家支援ファンド5号
借入人:JC FINANCE PLC.
目標募集金額:2,000万円(最低成立金額:500万円)
最低投資金額:1万円以上 1万円単位で申込
予定利回り:6.0%(年率、税引前、米ドル建ベース)
予定運用期間:2020年11月9日〜2021年9月30日
利益分配方法:四半期毎
元本償還方法:契約終了時に一括償還
URL:https://owners.camp-fire.jp/funds/32

  • 留意事項

1. CSC社が取扱うファンドへの投資は、元本及び収益分配が保証されているものではなく、損失が生じる可能性があります。

2. CSC社での口座開設・管理・投資について手数料等はかかりません。CSC社のデポジット口座への入金にかかる振込手数料はお客様のご負担となります。入金の振込手数料は、ご利用の金融機関にご確認ください。出金の振込手数料は毎月1回まで無料となり、同月2回目以降は、出金ごとに770円(税込)の事務手数料をいただきます。

3. 各ファンドの保有期間中、お客様には各ファンド所定の手数料および運営にかかる費用等を間接的にご負担いただきます。これらはファンドによって異なるため、表示することができません。また、保有期間中は、原則としてファンド持分の解約を行うことはできません。

4. 各ファンドの手数料等およびリスクの詳細は、ファンドの詳細ページ、匿名組合契約約款、重要事項説明書等に記載されています。それらをよくお読みになり、投資はご自身の責任でご判断ください。

  • 【募集の取扱い業者】

名称:株式会社CAMPFIRE SOCIAL CAPITAL
代表取締役:加藤 義隆
所在地:東京都渋谷区渋谷2丁目22-3 渋谷東口ビル5F
設立:2015年12月1日
資本金:8,000万円(2020年9月25日時点)
主要株主:株式会社CAMPFIRE(100%)
登録番号:関東財務局長(金商)第2973号
加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会

投資型クラウドファンディングシステムCrowdShip Fundingであれば、専任のコンサルタントがクラウドファンディング事業の構築を着実に支援し、成功に導きます。

 

・Fintechサービスに不可欠であるセキュアなシステム設計で、安心してクラウドファンディング事業を運営可能です。

・事業立ち上げからライセンス取得、業務設計・システム導入支援、運用定着化まで一貫してサービス提供可能です。

・金融商品取引法、貸金業法、 不動産特定共同事業法など各法律に準拠。事業開始に必要な網羅的なシステム機能の標準搭載に加え、お客様の要望に沿った柔軟なカスタマイズが可能です。

・業務効率化(自動化)のサポートが充実しており、投資商品の設計・開発にリソースを集中させることができます。

 

まずはお気軽にお問い合わせください。

問い合わせる