クラウドファンディングにおける失敗とは?プロジェクトを成功に導くための心掛け

インターネット上で不特定多数の人々からお金を募り、プロジェクトや事業を行うクラウドファンディング。

しかし、成功もあれば失敗もあるのはクラウドファンディングも例外ではないのです。

この記事では「クラウドファンディングで資金を集めたいけど失敗を避けたい…。」「クラウドファンディングを絶対に成功させたい」という人に向けて、クラウドファンディングが失敗する原因を挙げ、プロジェクトの成功のために必要なことを解説します。

なお、プロジェクトが失敗した場合の投資型クラウドファンディング事業者の対応についても述べていますので、投資をする際の参考にしてみてください。

クラウドファンディングが失敗する原因

クラウドファンディングにおける失敗とは主に、購入型クラウドファンディングの案件における、支援金やプロジェクトの進行に関する失敗のことを指します。

購入型クラウドファンディングは決して一方通行の資金調達手段ではありません。

起案者と支援者で一体となって進めていく共同プロジェクトなのです。プロジェクト立案の際にはまずその点を理解しましょう。

支援金の用途・内訳が不明瞭
支援金が一体何に使われるのかがわからなければ、当然のことですが希望の支援額を集めることが難しくなり、購入型クラウドファンディングが失敗することがあります。

支援者の立場に立てばよくわかりますが、人間は、実態のわからないものにお金を払おうとは思いません。

お金の用途はプロジェクトのゴール達成に直結するため、サイトを通じてその目的を明確に支援者に訴求しましょう。

プロジェクトの内容が私利私欲にまみれている
プロジェクトの内容が個人的な欲求でまみれている場合は賛同を得られずプロジェクトが失敗に追い込まれる場合があります。購入型クラウドファンディングは、支援者が起案者ないしプロジェクトに抱く「共感」が要となっていて、プロジェクトを進めていくうえで、Give & Takeの関係が起案者と支援者の両者間で生じます。

ゆえに、購入型クラウドファンディングでは、必ずリターンが発生します。投資に対するリターンが発生する時点でクラウドファンディングの案件は、起案者及び支援者の双方向のプロジェクトであるという前提を忘れないようにしましょう。

予定していたプロジェクトを実行しない
購入型クラウドファンディングは資金調達がゴールではありません。当たり前ですが、集めたお金で何をするかが大切です。プロジェクトの趣旨や目的は資金調達の前段階で詳細に決めておきましょう。プランの綿密さが、プロジェクトを成功に導きます。

支援者に対する動画などのコンテンツやメッセージでインタラクティブなコミュニケーションを心掛け、プロジェクトに対する支援を継続的に求めることが大切です。

リターンが魅力的でない
リターンの魅力がないことも支援額の集まらない原因にもなっています。特に購入型クラウドファンディングの案件はリターンありきといっても過言ではありません。支援者もリターンに期待して支援をしていることが多いです。魅力的な成果物から逆算し、プロジェクトを最適化していきましょう。

各クラウドファンディングの案件不成立時の対応

購入型クラウドファンディングにおける失敗について解説してきましたが、クラウドファンディングにはタイプによってそれぞれ、資金が集まらなかった際の対応に関してルールが定められています。

投資型クラウドファンディング

投資型クラウドファンディングと呼ばれる、融資型クラウドファンディング・ファンド型クラウドファンディング・不動産クラウドファンディング・株式投資型クラウドファンディングの案件では、投資家からの投資金総額が、目標金額に到達せずファンドが成立しなかった時点で、投資したお金が投資家の口座に自動的に返金されます。

非投資型クラウドファンディング

・寄付型クラウドファンディング
寄付型クラウドファンディングは、All in型という形式で、期限までに集まったお金がそのままプロジェクト起案者に支払われ、支援者にお金が返ってこない仕組みとなっています。

寄付型クラウドファンディングは、寄付が行われる場所ををオンラインに置き換えたものです。

もともと寄付型クラウドファンディングの案件は社会貢献性の高いプロジェクトであるため、寄付したお金が返ってこないことは支援者も了承済みです。

・購入型クラウドファンディング
購入型クラウドファンディングの場合、以下の2種類の形式にのっとって返金に関するルールが規定されています。

・All-in型
・All or nothing型

All-in型は寄付型同様、プロジェクトの成功や失敗に限らず、一定期間内に集めたお金をプロジェクト起案者が受け取るものです。このため、支援者への返金はありません。

一方、All or nothing方式は、プロジェクト失敗時に全額支援額が返金されます。また、プロジェクトの成功と失敗にかかわらず必ずリターンがあります。

原則、支援者や投資家には、借り手が目標とする金額を集められなかった場合、投資した金額が返還されます。

投資型クラウドファンディングの場合は運用後に元本が毀損し、お金が戻ってこない場合もありますが、資金が運用される前であれば損をしない仕組みになっています。

まとめ

この記事ではクラウドファンディングにおける失敗について解説してきました。

支援者は、購入型クラウドファンディングの案件を慈善活動と捉えて支援金を投じてくれているわけではありません。

起案者と同様に、支援者にはプロジェクトの「参加者」としての意識があります。

その「参加者」である支援者に、プロジェクトの詳細や進捗、支援金の用途を知らせることは支援されている側としては当たり前のことだと言えます。

常に支援者に対する「感謝」や「誠実さ」を忘れずに、プロジェクトを支援者と一心同体となって遂行していきましょう。

CrowdFunding Channelでは、投資家の皆様に役立つ投資型クラウドファンディングに関する情報を発信しています。
各社サービスの状況も随時更新していますので、是非ご覧ください!

不動産クラウドファンディング
【ランキング】
利回り 上位5社
【ランキング】
累計募集金額 上位5社
【徹底比較】
全サービス実績比較
【徹底比較】
どんな会社が不動産クラウドファンディングの運営しているの?
ランキングランキング