株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」株式会社菊池製作所と資本業務提携

株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO(ファンディーノ)」を運営する、株式会社日本クラウドキャピタル(本社:東京都品川区、代表:柴原 祐喜/大浦 学、以下「当社」)は、この度、株式会社菊池製作所(本社:東京都八王子市、代表:菊池 功、以下、「菊池製作所」)を引受先とした第三者割当増資を行いました。また、菊池製作所とは資本業務提携の合意に至りました。

  • 資金調達の目的と資本業務提携の概要

2014年に福島県が「イノベーション・コースト構想」※1として、菊池製作所の工場が立地する南相馬市がロボット産業の集積をめざすプロジェクトの中心地となりました。これらを背景に、菊池製作所は、日本のものづくりに貢献するために新しい産業の発展に力をいれています。

また菊池製作所は当社のFUNDINNOサポーター※2としてFUNDINNO調達企業の成長支援、販売支援を行っており、ものづくり企業の成長支援にも注力しております。

当社は、今回の業務提携により、菊池製作所が支援する企業へのFUNDINNOやFUNDOORの提供を行っていきます。そして、ものづくり産業の発展と、誰もが起業できる世界の実現を目指して両社で取り組んでいきます。

※1福島イノベーション・コースト構想(https://www.fipo.or.jp/):福島イノベーション・コースト構想は、東日本大震災及び原子力災害によって失われた浜通り地域等の産業を回復するため、当該地域の新たな産業基盤の構築を目指す国家プロジェクトです。廃炉、ロボット・ドローン、エネルギー・環境・リサイクル、農林水産業、医療関連、航空宇宙の各分野におけるプロジェクトの具体化を進めるとともに、その実現に向けた産業集積や人材育成、交流人口の拡大等に取り組んでいます。

※2FUNDINNOサポーター(https://fundinno.com/fundinno_supporter)とは、FUNDINNOの理念に共感いただき、ベンチャー企業の成長を全力で応援する心強い協力者です。資金調達のみならず、事業連携やネットワーク構築のための様々な情報やノウハウの支援を通じて、ベンチャー企業の抱える課題を一緒に解決へと導いてくれます。

  • 株式会社菊池製作所

設計から各種金型製造、試作、量産、組立まで多数の加工技術(コア技術)をもって対応する「一括一貫」体制を整えた「ものづくり総合支援企業」であり、近年は今後の成長が見込まれるサービス・サポートロボット分野を中心としたベンチャー企業への「事業化包括支援」を掲げ、新たな価値創造に取り組んでいます。

社名:株式会社菊池製作所
所在地:東京都八王子市美山町2161-21
設立:1970年4月
代表取締役社長:菊池 功
事業内容:金属及びプラスチック製品の試作並びに量産設計・製作・販売、各種金型設計・製作・販売、工作機械の設計・製作・販売、各種ロボットの設計・製作・販売
http://www.kikuchiseisakusho.co.jp 

  • 株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」の概要

日本初の株式投資型クラウドファンディングサービスのプラットフォームである「FUNDINNO」は、1口10万円前後の少額から、IPOやバイアウトを目指すベンチャー企業に投資することができます。ベンチャー企業は各地から集まり、その中から厳しい審査を通過した企業のみが投資家の募集を行います。FUNDINNOでは普通株式や新株予約権への投資となり、投資先企業からのIR情報を定期的に確認することができます。企業によっては投資に対してエンジェル税制を活用できる場合や、株主優待を設定している会社もあり、新しい投資体験が可能です。※FUNDINNOを通じて投資を行う場合は、投資家様にも投資適格性などの審査が必要となります。
https://fundinno.com/

  • 「FUNDOOR(ファンドア)」の概要

事業計画や資本政策など、資金調達に必要な流れや書類作成を支援する、また、株主総会に必要となる招集通知から委任状、議事録までを自動で作成する機能も備えた、未上場企業向けのサービスです。業務の効率化と省力化を実現し、未上場企業で働く社員の貴重なリソースを本来注力すべき業務にアサインすることを後押しします。
https://fundoor.com/

<株式会社日本クラウドキャピタル>
所在地:東京都品川区東五反田5-25-18
代表取締役:柴原 祐喜/大浦 学
資本金及び資本準備金の合計額:18億5247万9340円(2010年1月29日現在)
金融商品取引法第二十九条の四第一項第六号イ及び同法第四十六条の六に規定する自己資本規制比率は適用がありません。
設 立:2015年11月26日
事業内容:株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」の運営
第一種少額電子募集取扱業者 関東財務局長 (金商) 第2957号
加入協会:日本証券業協会
U R L :https://www.cloud-capital.co.jp/

<手数料等及びリスク情報について>
当社のサービスにおける取扱商品の手数料及びリスク等は、当社のホームページで表示しております「重要事項説明書(https://fundinno.com/disclosure)」の内容と、プロジェクト毎の契約締結前交付書面の内容をご確認ください。投資にあたっては、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。
ご注意:本報道発表文は、FUNDINNOのサービスや実績を一般に公表するための文書であり、投資勧誘を目的として作成されたものではありません。

記事引用元:

投資型クラウドファンディングシステムCrowdShip Fundingであれば、専任のコンサルタントがクラウドファンディング事業の構築を着実に支援し、成功に導きます。

 

・Fintechサービスに不可欠であるセキュアなシステム設計で、安心してクラウドファンディング事業を運営可能です。

・事業立ち上げからライセンス取得、業務設計・システム導入支援、運用定着化まで一貫してサービス提供可能です。

・金融商品取引法、貸金業法、 不動産特定共同事業法など各法律に準拠。事業開始に必要な網羅的なシステム機能の標準搭載に加え、お客様の要望に沿った柔軟なカスタマイズが可能です。

・業務効率化(自動化)のサポートが充実しており、投資商品の設計・開発にリソースを集中させることができます。

 

まずはお気軽にお問い合わせください。

問い合わせる