株式投資型クラウドファンディング「CAMPFIRE Angels」投資家動向に関する調査「長期的な成長期待」が60%、「AI」「IoT」等に興味、70%が非上場株式投資未経験

DANベンチャーキャピタル株式会社(CAMPFIREグループ 本社:東京都中央区 / 代表取締役:出縄 良人 / 以下、当社 )は、株式投資型クラウドファンディング「CAMPFIRE Angels(キャンプファイヤー エンジェルス)」の登録投資家の登録データを分析した、株式投資型クラウドファンディング「CAMPFIRE Angels」投資家動向に関する調査を発表しました。
【本リリースのトピックス】
① 投資家の基本属性は「35歳男性」が最も多い
② 最も多い職業は「未上場会社員」次いで「上場会社員」
③ 年収は「500-1,000万円」保有資産は「300-1,000万円」がボリュームゾーン
④ 60%以上の投資家が「長期的な成長期待」が投資目的と回答
⑤ 特に興味を持たれている分野は「AI」「IoT」等の成長産業
⑥ 約70%の投資家が「非上場株式投資は未経験」と回答

① 投資家の基本属性は「35歳男性」が最も多い
登録投資家の基本属性としては、92.6%が男性、7.4%が女性となりました。年齢を加えると「35歳男性」が最も多く、次いで「36歳男性」「37歳男性」という分布となっております。

職業や年収の回答結果と合わせて、10年以上の社会人経験を経て、一定程度の経済的安定と金融リテラシーを得た層が、新規性の強い金融サービスである株式投資型クラウドファンディングに反応を示していると考えられます。

② 最も多い職業は「未上場会社の会社員」次いで「上場会社の会社員」
登録投資家のうち、30.7%が「未上場会社員」、21%が「上場会社員」となりました。次いで「未上場会社役員」が14.8%、「未上場会社オーナー」が9.0%となっております。

経営との距離感やスタートアップビジネスへの興味関心・理解度が高いと推測される、未上場会社に勤務する会社員の方の登録が目立つ結果となりました。所属する会社とは違った特性を持つスタートアップへの興味を持つ上場会社に勤務する会社員の方の興味も集めています。

③ 年収は「500-1,000万円」保有資産は「300-1,000万円」がボリュームゾーン
投資家の年収は「500-1,000万円」が44.7%のボリュームゾーンとなりました。次いで「1,000万円-5,000万円」で29.7%となっております。資産は「300-1,000万円」が47.6%でボリュームゾーン、次いで「1,000万円-1億円」が43.3%となっております。

登録投資家の職業・年齢の平均年収と考えられる「500-1,000万円」、資産もそれに準ずる「300-1,000万円」が最も多い回答となりました。金融商品としては流動性の低い非上場株式に少額投資をする層として、最も適切な投資余力を保有する投資家層であると考えられます。

④ 60%以上の投資家が「長期的な成長期待」が投資目的と回答
登録投資家の投資目的は、62.2%が「長期的な成長期待」と回答し、次いで24.7%が「事業への共感」となりました。

配当や株主優待を目的にする投資家も多い上場株式と比較して、短期的なリターンではなく、長期的な成長を期待して投資する投資家が多いという結果となりました。次いで回答の多かった「事業への共感」はスタートアップ特徴でもあり、社会課題解決を目的としたスタートアップビジネスに対して、共感から投資をする投資家層の存在が顕在化した結果となります。

⑤ 特に興味を持たれている分野は「AI」「IoT」等の成長産業
特に興味を持たれている分野では「AI」「IoT」への人気が集まり、次いで「ブロックチェーン」「Fintech」という順位となりました。

投資目的として「長期的な成長期待」の回答が最も多かったことから、成長市場であり、長期的な成長が期待・予測しやすい「AI」や「IoT」の分野に注目が集まっていると考えられます。次世代技術として多様な分野での活用が期待されている「ブロックチェーン」やその最たる活用分野である「Fintech」への注目も同様の理由であると考えられます。

⑥ 約70%の投資家が「非上場株式投資は未経験」と回答
登録投資家の68.1%が「非上場株式投資は未経験」と回答しました。一方、上場株式への投資経験は41.8%が「10年以上」となっております。

 

株式投資型クラウドファンディングの開始からまだ三年程度と市場自体が黎明期ではあるものの、新興プラットフォームであるCAMPFIRE Angelsにおいて70%に近い「初めてのエンジェル投資」を、新しい体験として生み出すことができています。また、上場株式において10年程の経験をお持ちの方にとって、新しい投資手法として株式投資型クラウドファンディングが浸透していくと考えております。

調査概要
方法:株式投資型クラウドファンディング「CAMPFIRE Angels」への登録情報を元に分析
期間:2020年8月17日 ~ 2020年10月12日時点
対象:登録者約1,700名のうち、審査完了し投資可能状態になっている投資家670名を対象

CAMPFIRE Angelsについて 
非上場会社の資金調達を実現する株式投資型クラウドファンディングプラットフォーム。
登録投資家はプロによる厳正な審査を通過した、将来性豊かな非上場株式に投資することができ、スマホからスタートアップの株主になることができます。
https://angels.camp-fire.jp/

DANベンチャーキャピタル株式会社について 
名称:DANベンチャーキャピタル株式会社
第一種少額電子募集取扱業者 関東財務局長(金商)第3000号
加入協会:日本証券業協会
契約紛争解決機関:証券・金融商品あっせん相談センター
投資者保護基金: 未加入
代表取締役:出縄 良人
所在地:東京都中央区日本橋茅場町二丁目16番12号 トータスビル2階
資本金:1億円
事業内容:第一種少額電子募集取扱業、適格機関投資家等特例業務、コンサルティング事業、教育研修事業
URL:https://www.danvc.com/

記事引用元:

投資型クラウドファンディングシステムCrowdShip Fundingであれば、専任のコンサルタントがクラウドファンディング事業の構築を着実に支援し、成功に導きます。

 

・Fintechサービスに不可欠であるセキュアなシステム設計で、安心してクラウドファンディング事業を運営可能です。

・事業立ち上げからライセンス取得、業務設計・システム導入支援、運用定着化まで一貫してサービス提供可能です。

・金融商品取引法、貸金業法、 不動産特定共同事業法など各法律に準拠。事業開始に必要な網羅的なシステム機能の標準搭載に加え、お客様の要望に沿った柔軟なカスタマイズが可能です。

・業務効率化(自動化)のサポートが充実しており、投資商品の設計・開発にリソースを集中させることができます。

 

まずはお気軽にお問い合わせください。

問い合わせる