「FUNDINNO」 業界No.1取扱額20億円突破! ~登録ユーザー数も約1万6千人で、国内NO.1の取扱額をキープ~

日本初の株式投資型クラウドファンディングサービスの“FUNDINNO(ファンディーノ)”を運営する 株式会社日本クラウドキャピタル(本社:東京都品川区、代表:柴原 祐喜/大浦 学)は、FUNDINNOにおける累計成約額が20億円を超えたことをお知らせいたします。

■サービス提供開始から2年2か月で累計成約額20億円を突破

日本初の株式投資型クラウドファンディングサービスのプラットフォームである“FUNDINNO“は、サービスの提供を開始した2017年4月より、2年2か月で累計成約額20億円を超えました。20億円の内訳としては、農業からAIまでの幅広い業種に支えられております。直近では、医療スキルの向上に貢献するために、手術トレーニング用模擬臓器「VTT」の企画開発・製造を行っている、KOTOBUKI Medical株式会社が、“FUNDINNO”史上、最高額の89,800,000円の調達を行っております。また、登録ユーザー数も約1万6千人を超え、取扱額は国内NO.1を誇っています。日頃より皆様の応援に支えられてこの数字を刻むことができたこと、株式投資型クラウドファンディングの認知度が高まったことを感謝申し上げます。

我々は「誰もが起業できる世界を創りたい!」を掲げ、引き続き投資家の皆様とスタートアップ企業のマッチングに邁進して参ります。

また20億円の調達を超えたことを1つのマイルストーンとし、7月2日に記者会見を予定していることをお伝えいたします。新たなアドバイザーの加入のご連絡、今後の新規戦略の発表を行います。

■株式投資型クラウドファンディング“FUNDINNO“概要

日本初の株式投資型クラウドファンディングサービスのプラットフォームである“FUNDINNO”は、1口10万円前後の少額から、IPOやバイアウトを目指す企業の株式に投資することができ、投資後も投資先企業からのIR情報を定期的に確認することができます。株主になるため、リターンはもちろんですが、未来あるベンチャー企業の事業成長を一緒に確認することができる新しい投資体験も可能です。また、利回り・返礼等の具体的内容を求めるものではありませんが、その代わり株主のメリットとして、企業価値の上昇等による利益を長期的に狙えるのが他のクラウドファンディンサービスとの違いとなっています。

≪記者会見 イベント概要≫
日時:2019年7月2日(火)11:00~12:00(10:30メディア受付開始)
場所:ベクトルラウンジ(東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ18F)
※​​​東京メトロ「赤坂見附」駅徒歩7分/「永田町」駅徒歩12分/「青山一丁目」駅徒歩7分/ 「赤坂」駅徒歩8分

登壇者
日本クラウドキャピタル 代表取締役CEO 柴原 祐喜(しばはら ゆうき)
日本クラウドキャピタル 代表取締役COO 大浦 学(おおうら まなぶ)
クオンタムリープ 代表取締役ファウンダー&CEO 出井 伸之(いでい のぶゆき)
ユニコーンファーム 代表取締役社長CEO 田所雅之(たどころ まさゆき)

内容
「FUNDINNO」取扱額20億円突破までの軌跡、および当社初のEXIT事例(株式会社漢方生薬研究所代表取締役 橋口 遼氏)のご登壇、さらに、新サービスなどについて発表させていただきます。

10:30 開場(メディア受付開始)
11:00 開会の挨拶
11:05 20億達成記念、「FUNDINNO」ログヒストリーのご紹介
11:20 新事業戦略の発表
11:30 クオンタムリープ 出井 伸之氏
11:40 ユニコーンファーム 田所 雅之氏
11:50 閉会の挨拶
11:55 フォトセッション

投資型クラウドファンディングシステムCrowdShip Fundingであれば、専任のコンサルタントがクラウドファンディング事業の構築を着実に支援し、成功に導きます。

 

・Fintechサービスに不可欠であるセキュアなシステム設計で、安心してクラウドファンディング事業を運営可能です。

・事業立ち上げからライセンス取得、業務設計・システム導入支援、運用定着化まで一貫してサービス提供可能です。

・金融商品取引法、貸金業法、 不動産特定共同事業法など各法律に準拠。事業開始に必要な網羅的なシステム機能の標準搭載に加え、お客様の要望に沿った柔軟なカスタマイズが可能です。

・業務効率化(自動化)のサポートが充実しており、投資商品の設計・開発にリソースを集中させることができます。

 

まずはお気軽にお問い合わせください。

問い合わせる