不動産投資型クラウドファンディング「TASUKI FUNDS」キャピタル重視型 第2号ファンドの投資募集開始のお知らせ

不動産テックを活用した新築投資用IoTレジデンスの企画開発を行う株式会社タスキ(本社:東京都港区、代表取締役社長:柏村 雄、証券コード:2987)は、2022年3月23日より不動産投資型クラウドファンディングサービス「TASUKI FUNDS(ファンズ)」第2号となる「キャピタル重視型 第2号ファンド」の投資募集を開始いたしますので、お知らせします。

◆ ファンド概要
「キャピタル重視型 第2号ファンド」(以下、本ファンド)は、タスキが手掛けている開発プロジェクトである、東京都中野区の土地及び建築中の建物を取得し、新築投資用IoTレジデンス「タスキ Smart落合(仮称)」の不動産開発を行います。
本ファンドでは、本年6月竣工予定の上記不動産の売却益を主な原資として分配を行います。
なお、本ファンドにおける用地取得にかかる費用については三菱UFJ銀行の融資によって行われています。

◆ 「タスキ キャピタル重視型 第2号ファンド」募集要項

募集金額5,000万円
募集方式抽選式
予定分配率(年利)7%
一口出資金額10万円
募集期間2022年3月23日~2022年3月30日
抽選発表日2022年4月1日
投資家振込期日2022年4月8日
運用期間(予定)2022年4月13日~2022年9月30日
分配予定日2022年11月30日

◆ 物件のポイント
タスキの高いプロジェクト遂行力による不動産開発
不動産開発は、用地取得からはじまり、建築確認等の認可の取得や建築の着工から竣工、物件販売までの工程において、様々な業務があり、専門性の高い事業遂行能力が求められます。

当プロジェクトは、既に用地取得が三菱UFJ銀行の融資により完了しており、建築確認を取得のうえ昨年10月に着工済であることから、開発リスクが低減された状態での募集となります。

また、タスキが強みとする、資産価値の高い東京23区、駅から徒歩5分に特化した物件であること、当社は一級建築士事務所登録に加え、特定建設業の許可を取得しており、社内の専門性の高い人材によってゼネコンとのスムーズな調整やスケジュール管理が可能であること、これまで当社が培ったノウハウを最大限に活かしたプロジェクトの遂行能力等により、建物の竣工、その後の不動産売却までを円滑に進めることができます。

優先劣後方式を採用

優先劣後方式により、投資家の皆様へは優先出資分として500口を募集します。一方、タスキはファンド全体の調達額の約4割にあたる960口を劣後出資で行います。万一、損失が発生した場合、タスキが先に損失部分を負担しますので、投資家の皆様は、タスキより優先して出資金の返還を受けることができます。

サービスサイト:https://tasuki-funds.jp/

◆ 「TASUKI FUNDS」とは

 「TASUKI FUNDS」は、1口10万円からはじめられる少額不動産投資サービスで、オンライン上ですべての手続きが可能です。

新型コロナウイルスが与えた日本経済への影響を背景に、不動産投資型クラウドファンディングは低リスクかつ安定した利回りが期待できることから、個人の投資ニーズがこれまで以上に高まりをみせています。

ハードルが高いイメージのある不動産投資ですが、「TASUKI FUNDS」では専門的な知識や多額の資金を必要としないため、投資の幅を広げ、手軽に始められる不動産投資を実現します。

◆ 株式会社タスキの会社概要

『タスキで世界をつなぐ』を企業理念に掲げる株式会社タスキは、新築投資用IoTレジデンスの企画開発を中心に、不動産テック領域で事業を展開しています。アナログな商習慣がいまだ残る不動産業界をテクノロジーの力で変革し、‟ライフプラットフォーマー”として、人々の豊かな暮らしを実現させていきます。

社名   :株式会社タスキ

代表者:代表取締役社長 柏村 雄

URL   :https://tasukicorp.co.jp/

本社   :東京都港区北青山2-7-9 日昭ビル2F

設立   :2013年8月12日

資本金:10億4,964万円

記事引用元:

CrowdFunding Channelでは、投資家の皆様に役立つ投資型クラウドファンディングに関する情報を発信しています。
各社サービスの状況も随時更新していますので、是非ご覧ください!

不動産クラウドファンディング
【ランキング】
利回り 上位5社
【ランキング】
累計募集金額 上位5社
【徹底比較】
全サービス実績比較
【徹底比較】
どんな会社が不動産クラウドファンディングの運営しているの?
ランキングランキング