共同投資サービス『みんなの年金』を展開するネクサスエージェント、不動産特定共同事業法に係る変更認可(任意組合型)取得のお知らせ

株式会社ネクサスエージェント(本社:大阪府大阪市 代表取締役:岩田講典)は2021年8月5日、不動産特定共同事業法第9条第1項に定める事業において、任意組合型(金銭出資)の不動産小口化商品販売事業の認可を受けたことをお知らせいたします。この認可によって、当社が運営する共同投資サービス『みんなの年金』は、任意組合型(金銭出資)の不動産小口化商品を提供することが可能となりました。
  • みんなの年金とは

「日本国民の年金代わりはここだ!」
『みんなの年金』はそんな新しい” 当たり前” になるプラットフォームを目指して創られた、新しい共同投資サービスです。日本に今訪れようとしている年金問題を解決するために生まれました。
低リスク、低コスト、低労力で資産運用を始めることができる画期的なサービスです。

 

詳しくはこちらをご覧ください。
https://minna-nenkin.com/

  • 申請に至った背景

『みんなの年金』をクラウドファンディングにて展開を進めていく中で、お客様に節税効果や相続税対策に対するニーズが多いことがわかりました。しかし今までの小口化商品は匿名組合型だったために、配当金が雑所得として分類されておりました。このことからさらなる節税効果や相続税対策をご提供するために、今回の申請に至りました。
任意組合型の認可を取得することによって、不動産所得として分類が出来るので上記のニーズにお応えすることが可能になり、ますます新しいカタチの資産運用に貢献していければと考えております。

 

  • 「任意組合型(金銭出資)」のスキーム

任意組合型とは、投資家と当社が任意組合契約を結び、共同で事業を行っていく形式の不動産小口化商品です。
投資家が任意組合に金銭を出資し、同組合の共有財産として不動産を保有する形式を用いております。
投資家は当社を業務執行組合員(組合代表)とする任意組合契約を締結し、当該任意組合にて収益不動産を取得します。不動産の管理・運営については当社が行い、賃料収入等から経費を除いた収益を持分の割合に応じて投資家の皆様に分配します。運用期間終了時、対象不動産を売却し、その収益を分配することで任意組合は清算(事業終了)という流れです。

  • 認可の概要

1. 申請日

申請:令和3年6月14日
認可:令和3年8月5日

2. 申請先
大阪府

3. 申請の内容
不動産特定共同事業法第9条1項に基づく変更
任意組合型約款(金銭出資型)の変更の認可

  • 今後の展開

近年、大規模な金融緩和や低金利政策で金融機関から融資を受けやすい経済状況を背景に、若い方を中心に不動産投資ブームが起こっており、高まる不動産人気の新たな受け皿として小口で投資が可能なクラウドファンディングの需要が高まると予想されております。当社はこの市況の変化に合わせて事業展開を進め、投資用不動産の新たなプラットフォームを目指します。

  • 会社概要

会社名:株式会社ネクサスエージェント
代表者:代表取締役 岩田講典
本社所在地:大阪府大阪市中央区島之内1丁目21番19号オリエンタル堺筋ビル4F
設立:2016年1月27日
資本金:1億円

宅建免許番号:国土交通大臣(1)第9256号
賃貸住宅管理業登録番号:国土交通大臣(1)第4392号
不動産特定共同事業:大阪府知事 第14号
URL:https://nexus-agent.com/

記事引用元:

投資型クラウドファンディングシステムCrowdShip Fundingであれば、専任のコンサルタントがクラウドファンディング事業の構築を着実に支援し、成功に導きます。

 

・Fintechサービスに不可欠であるセキュアなシステム設計で、安心してクラウドファンディング事業を運営可能です。

・事業立ち上げからライセンス取得、業務設計・システム導入支援、運用定着化まで一貫してサービス提供可能です。

・金融商品取引法、貸金業法、 不動産特定共同事業法など各法律に準拠。事業開始に必要な網羅的なシステム機能の標準搭載に加え、お客様の要望に沿った柔軟なカスタマイズが可能です。

・業務効率化(自動化)のサポートが充実しており、投資商品の設計・開発にリソースを集中させることができます。

 

まずはお気軽にお問い合わせください。

問い合わせる