不動産特定共同事業者向けSTOスキームを導入します!!

当社連結子会社である株式会社グローベルス(住所:東京都港区 代表取締役社長:藤田 賢一、以下「グローベルス」という。)は、運営する不動産投資型クラウドファンディング「大家.com」の第1号案件である「Foresight南麻布」において、STO(Security Token Offering)スキームを導入することとなりました。
【概要】
不動産特定共同事業者向けSTOスキームとは、「大家.com」に投資した投資家が持つ出資持分を投資家同士で売買できる仕組となります。当初、一度出資すると運用期間中、出資金がロックされてしまうため、運用期間終了まで出資持分を保有し続けなければなりませんでしたが、このスキームを導入することで、運用期間中であっても出資持分を譲渡することが可能となり、投資家の皆様の資金流動性リスクの軽減につながります。そこでこの度、グローベルスは株式会社LIFULL(住所:東京都千代田区 代表取締役:井上 高志、以下「LIFULL」という。)及びSecuritize Japan株式会社(住所:東京都中央区 代表取締役:ジェームス・エイチ・フィン、以下「Securitize」という。)が提供する不動産特定共同事業者向けのSTOスキームを導入することになりました。

【STOスキームの利用方法】
本STOスキームを利用するためには、①「大家.com」投資家登録の完了、②対象案件の成立前書面の確認が必要となります。
匿名組合出資者が出資持分の譲渡を希望する際は、グローベルスにセキュリティートークン(ST)の発行を依頼します。STが発行されたら、出資者は持分の譲渡がブロックチェーン上で可能となります。(2021年3月下旬予定)
なお、出資持分を譲り受ける第三者も上記①・②の手続きが必要となります。

※発行されるSTは、不動産特定共同事業法第2条第4項に定める不動産特定共同事業(1号事業)にもとづく出資持分を表象したものであり、金融商品取引業等に関する内閣府令第1条4項17号に規定される電子記録移転有価証券表示権利等に該当するものではありません。(金融商品取引法第2条2項5号に定める有価証券から除外されています。)

12月14日より投資申込予定の「Foresight南麻布」(借地権付1棟収益ビル)に当スキームを導入します。これにより「Foresight南麻布」の出資者は、匿名組合出資持分を表象するSTの発行を受けることが可能となります。出資者は案件運用開始後、LIFULL及びSecuritizeが提供するプラットフォーム上でのST譲渡により、第三者への出資持分の譲渡が可能となります。

【南麻布の大家になろう 物件概要】

本案件はグローベルスが所有する港区南麻布に所在する収益ビルになります。1992年3月築の建物になりますが、2012年にグローベルスが取得以降、エントランスの改修工事や各階の設備の更新・交換工事を行うことで、2020年12月現在は満室稼働となっております。
建物はグローベルスが所有しておりますので、建物の管理・運営・入居者等の問合せ・賃料請求業務などはグローベルスが(一部外部委託しております)行っております。2012年の取得以降、安定した賃料収入があり、賃料収入が配当原資になります。
物件詳細ページ:https://cf-ooya.com/fund/detail/1/lp

【関係者からコメント】
■株式会社LIFULL ブロックチェーン推進グループ 松坂維大氏
コロナ禍においても世界中の投資家から注目される東京都心物件がデジタル証券化され、一般の投資家が小口で購入・売却できるようになることは新たな投資機会の創出になります。
「大家.com」の “だれでも・簡単に大家になろう”というコンセプトを実現すべく、1号案件からSTOを導入されたグローベルス社のチャレンジに、協力させて頂けたことを嬉しく思います。

■Securitize Japan株式会社 カントリーヘッド, ジャパン 小林英至氏
セキュリティトークンという、海外では普及し始めている新たな技術の活用により、従来では難しい、より魅力的な投資機会を投資家に提供することが可能となります。今回の取り組みは日本における不動産市場の活性化の重要な一歩と考えられ、このような重要な機会にご一緒させていただいたことを嬉しく思います。

■株式会社LIFULLについて
LIFULLは「あらゆるLIFEを、FULLに。」をコーポレートメッセージに掲げ、個人が抱える課題から、その先にある世の中の課題まで、安心と喜びをさまたげる社会課題を、事業を通して解決していくことを目指す企業です。
現在はグループとして世界63ヶ国でサービスを提供しており、主要サービスである不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME’S」をはじめ、空き家の再生を軸とした「LIFULL地方創生」、シニアの暮らしに寄り添う「LIFULL介護」など、この世界の一人ひとりの暮らし・人生が安心と喜びで満たされる社会の実現を目指し、さまざまな領域に事業拡大しています。
所在地:東京都千代田区麴町一丁目4番4号
代表取締役社長:井上 高志
事業内容:不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME’S」の運営等
設立年月:1997年3月
ウェブサイト:https://lifull.com/

■Securitize Japan株式会社について
Securitizeは、株式、債券、不動産等のデジタル証券の組成を可能にし、適格投資家により簡単に所有、管理、取引を可能にすることにより、資本市場の近代化を進めています。 Securitizeは米国における、複数のデジタル証券取引所、発行体とインテグレートされている、唯一SECに登録されているトランスファー・エージェントです。
所在地:東京都中央区日本橋室町二丁目1番1号 日本橋三井タワー 6F
代表者:代表取締役 ジェームス・エイチ・フィン
事業内容:デジタル証券のためのコンプライアンス準拠プラットフォームを提供
設立年月:2018年9月
ウェブサイト:https://www.securitize.co.jp/

【お問合わせ】
株式会社プロスペクト 総務部 須藤・大塚  TEL:03-3470-8411

◯株式会社グローベルス 概要
社名:株式会社グローベルス
設立:1996年7月10日
資本金:100百万円
代表取締役社長:藤田 賢一
本社:〒105-0001 東京都港区虎ノ門一丁目7番12号
主な事業内容:不動産事業、商業施設建築事業
ウェブサイト:https://www.gro-bels.co.jp/

◯株式会社プロスペクト 概要
社名:株式会社プロスペクト
設立:1937年12月1日
資本金:120億86百万円
代表取締役社長:泉 信彦
本社:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷一丁目30番8号
主な事業内容:不動産事業、再生可能エネルギー事業
主な子会社:株式会社グローベルス、株式会社ササキハウス、株式会社日本エネライズ
ウェブサイト:https://www.prospectjapan.co.jp/

記事引用元:

CrowdFunding Channelでは、投資家の皆様に役立つ投資型クラウドファンディングに関する情報を発信しています。
各社サービスの状況も随時更新していますので、是非ご覧ください!

不動産クラウドファンディング
【ランキング】
利回り 上位5社
【ランキング】
累計募集金額 上位5社
【徹底比較】
全サービス実績比較
【徹底比較】
どんな会社が不動産クラウドファンディングの運営しているの?
ランキングランキング