日本の行列をテクノロジーでアップデートする「hakken」が、株式投資型クラウドファンディングを開始

テクノロジーを使って世界中の行列を解消し、旧態依然とした店舗ビジネスをアップデートする株式会社hakken(京都府京都市 代表取締役:竹井淳平)が、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO」において、2020年7月15 日(水)から募集による投資申込みの受付を開始することをお知らせします。
【当社プロジェクトページ】
https://fundinno.com/projects/146株式会社hakkenは、“行列”をテクノロジーで解消し、より価値のある時間の使い方を実装していくことを目的に創業いたしました。世界中の整理券を統合し、オンライン上に行列を創り、可視化する整理券アプリ「hakken」は、飲食をはじめとする店舗ビジネスやイベントなど、数多の行列を生み出している場所に効果を発揮します。この度、サービスの開発組織強化を目的として、株式投資型クラウドファンディングFUNDINNOにおいて募集案内の事前開示を開始いたします。募集期間は2020年7月15日~2020年7月17日、上限とする募集額は 6,570,000円(1口 9万、1人 5口まで)です。アプリ上で様々な店の「行列」を可視化でき、待ち時間を有効活用できるサービス
シンプルで低コストに設計されたサービスにより、施設やユーザーは誰でも手軽に導入することができます。地図上で導入施設の待ち時間を確認して整理券を発券、店頭でQRコードを読み取って指定された時間まで街ブラ。時間の使い方をエンタメ化していくことで、ユーザーの時間をより豊かに、地域の経済循環を円滑にすることにも繋がります。リアルの行列や混雑を無くし、アプリが並ぶ時代へと世の中をアップデートしていきます。
その他サービスとの連動性
株式会社hakkenは、整理券アプリ以外に2つのサービスを手掛けています。1つ目は「シェフお勧めのメニューを一緒に作ってみんなで食べる」をコンセプトとする「#いえつなキッチン」です。デリバリーで家に食材が届き、オンライン上でシェフや食材生産者、ユーザー同士で話をしながら料理を楽しむ新しい飲食体験サービスです。2つ目はウェブ動画の再生回数を自動的に向上させるYouTubeタグ解析エンジン「hakkne BASE」です。
【#いえつなキッチン HP:https://ietsuna.com/

今後の展望
「hakken」は、店舗側からのサブスクリプション方式と、ユーザー側によるフリーミアムモデル(基本無料で一部機能有料)の2つの方法でマネタイズを行います(店舗側の初期導入費はゼロ)。またユーザー課金に関しては、無料版では通常の整理券機能が利用でき、有料版にアップデートすることで優先的に案内されるオプションや、お店限定特典などを受けられるようになります。飲食店以外に、スタジアムのゲート、病院の待ち合い、空港のゲート、テーマパークの順番待ちなどへの活用を想定しています。

■会社概要
・会社名:株式会社 hakken
・所在地: 京都府京都市中京区河原町通二条下る二丁目下丸屋町403番地
・代 表:竹井 淳平
・設 立:2019年10月
・事業内容:
整理券管理アプリ「hakken」
クラウドレストラン#いえつなキッチン
YouTubeタグ最適化エンジンhakkenBASE
・URL    : https://about.hakken.io/

 

記事引用元:

投資型クラウドファンディングシステムCrowdShip Fundingであれば、専任のコンサルタントがクラウドファンディング事業の構築を着実に支援し、成功に導きます。

 

・Fintechサービスに不可欠であるセキュアなシステム設計で、安心してクラウドファンディング事業を運営可能です。

・事業立ち上げからライセンス取得、業務設計・システム導入支援、運用定着化まで一貫してサービス提供可能です。

・金融商品取引法、貸金業法、 不動産特定共同事業法など各法律に準拠。事業開始に必要な網羅的なシステム機能の標準搭載に加え、お客様の要望に沿った柔軟なカスタマイズが可能です。

・業務効率化(自動化)のサポートが充実しており、投資商品の設計・開発にリソースを集中させることができます。

 

まずはお気軽にお問い合わせください。

問い合わせる