株式型クラウドファンディングにて2回目募集開始。開始1分程度で目標達成。個人投資家187名から合計2200万円の資金調達を実施。株主数は230名。

漢方薬のECブランド『漢方生薬研究所』や薬膳を提供する飲食店を経営する株式会社ハーバルアイ (旧:漢方生薬研究所 本社:東京都 代表取締役:橋口遼)は5月24日、株式型クラウドファンディングを通じて、187名の投資家から1990万円(24日11:00時点)の資金調達を開始した。資金調達の申し込みを開始した5月24日10時~から申し込みが殺到し、資金調達に要した時間は目標までおよそ1分だった。

※追記
5月24日13時33分、268名 上限金額3000万円到達

□資金使途について
今回調達した資金につきましては、会社規模増大によるオフィスの移転費、新商品の開発費用及び認知拡大のための広告宣伝への投資に充ててまいります。

□FUNDINNOについて
・株式型クラウドファンディング『FUNDINNO(ファンディーノ)』とは

非上場株式の発行により、インターネットを通じて多くの人から少額づつ資金を集める仕組みです。 1社あたりの年間募集金額の上限は100,000,000円未満、投資家の1社に対する年間投資上限金額を500,000円として、株式の発行による資金調達を可能にした新しいプラットフォームサービスです。
FUNDINNO HP:https://fundinno.com/

□代表者プロフィール

1983年生まれ 鹿児島県生まれ。
大学中退後、コンサルティング会社に入社。
主に企業再生の案件に従事。その後、通信販売事業に転籍。
新規事業の立ち上げや通信販売のコンサルタントとして、様々な会社に関わる。
2013年同社取締役就任と同時に、株式会社ステイゴールド設立。
およそ50商品の開発、100商品以上の広告に携わる。
2015年漢方専門のECブランド【漢方生薬研究所】設立。
2015年株式型クラウドファンディングで3000万1時間半で調達

「株主=消費者」の新しいECモデルを開発すべく挑戦中。

投資型クラウドファンディングシステムCrowdShip Fundingであれば、専任のコンサルタントがクラウドファンディング事業の構築を着実に支援し、成功に導きます。

 

・Fintechサービスに不可欠であるセキュアなシステム設計で、安心してクラウドファンディング事業を運営可能です。

・事業立ち上げからライセンス取得、業務設計・システム導入支援、運用定着化まで一貫してサービス提供可能です。

・金融商品取引法、貸金業法、 不動産特定共同事業法など各法律に準拠。事業開始に必要な網羅的なシステム機能の標準搭載に加え、お客様の要望に沿った柔軟なカスタマイズが可能です。

・業務効率化(自動化)のサポートが充実しており、投資商品の設計・開発にリソースを集中させることができます。

 

まずはお気軽にお問い合わせください。

問い合わせる