【ライブ配信受講可】不動産特定共同事業法に基づく電子取引とクラウドファンディングに関わる法的留意点【JPIセミナー 6月24日(水)開催】

日本計画研究所は、アンダーソン・毛利・友常法律事務所 パートナー・弁護士 伊藤 哲哉 氏を招聘して下記の通りセミナーを開催いたします。
セミナー終了後には、講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたしますので、ビジネスに役立てていただける構成となっております。

本セミナーは、会場での受講と、ご自宅等ライブ配信受講のいずれかをご選択いただけます。

〔詳細・申し込み〕https://www.jpi.co.jp/seminar/15039

〔タイトル〕
TK/GKストラクチャー  電子取引のための態勢整備  デューデリジェンス
不動産特定共同事業法に基づく電子取引とクラウドファンディングに関わる法的留意点

〔講義概要〕
不動産クラウドファンディングの活発化が期待されている。主として小口投資家を想定した投資形態といえるが、もちろん大口の機関投資家が利用することも可能である。
一方で、不動産投資の分野においても電子化の流れは確実に押し寄せているのであり、従来では考えられなかったような投資が行われるようになるかもしれない。
本セミナーは、不動産特定共同事業法を用いた投資形態を中心に、適宜他のものの比較を行いつつ、法的な観点から検討を行う。
〔講義項目〕
1.不動産投資におけるクラウドファンディングの構造
 (1)不動産を対象とするTK/GKストラクチャー
 (2)TKの法的性質(第一項有価証券、第二項有価証券、有価証券ではない金銭債権)による
ストラクチャーの選択可能性
2.不動産特定共同事業法の電子取引業務ガイドライン
 (1)電子取引業務
(2)電子情報処理組織の管理
(3)審査体制の構築
(4)クーリングオフ
(5)開示
(6)電子取引業務を用いない場合との比較
3.不動産クラウドファンディングにおけるその他の留意事項
 (1)許認可
(2)物件の入れ替え
(3)投下資金の回収(譲渡、脱退、解除等)
(4)分別管理
(5)約款
(6)報酬の取決め
(7)業者の責任
(8)開示規制

4.資金決済の方法

5.不動産信託受益権を対象とする場合との比較
6.関連質疑応答7.名刺交換会 講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。

〔講  師〕アンダーソン・毛利・友常法律事務所 パートナー・弁護士 伊藤 哲哉 氏

〔開催日時〕2020年06月24日(水)  09:30 – 11:30

 〔会  場〕港区南麻布/JPIカンファレンススクエア https://www.jpi.co.jp/access

〔 参加費 〕
▶民間参加費1名 : 33,680円 (資料代・消費税込)
2名以降 28,680円 (社内または関連会社で同時お申込みの場合)
▶行政参加費:国家公務員・地方自治体職員の方は、1名 16,500円(資料代・消費税込)〔詳細・申し込み〕https://www.jpi.co.jp/seminar/15039

〔備 考〕
ライブ配信受講ご希望の場合は、お申込時備考欄にご記入をお願いいたします。当日配付資料等は、後日郵送にて送付いたします。
受講後のご質問等、講師とのお取次ぎをさせていただきますので、ご遠慮なくお申し付けください。■ライブ配信について
<1>Zoomにてライブ配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ視聴用IDとパスワードを
開催2日前にお送り致しますので、開催日時にZoomミーティングへご参加ください。※Zoomとは…
Zoomという通話アプリを使いますので、スマホ・パソコンとWi-Fi環境・インターネット環境があれば、
簡単にご参加頂けます。≪こちらも要チェック↓↓≫
【5月27日開催】環境大国のための再生可能エネルギー飛躍的拡大への進捗
https://www.jpi.co.jp/seminar/14964【6月24日開催】スポーツの価値の可視化と事業推進の勘所
https://www.jpi.co.jp/seminar/15003

【お問合せ】
JPI 日本計画研究所
〒106-0047東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル
TEL.03-5793-9761  FAX.03-5793-9766
URL  http://www.jpi.co.jp

【株式会社JPI(日本計画研究所)】
“「政」と「官」と「民」との知の懸け橋”として国家政策やナショナルプロジェクトの敷衍化を支え、国家知の創造を目指す幹部・上級管理職の事業遂行に有益な情報をご参加者を限定したリアルなセミナーという形で半世紀、提供し続けています。

 

投資型クラウドファンディングシステムCrowdShip Fundingであれば、専任のコンサルタントがクラウドファンディング事業の構築を着実に支援し、成功に導きます。

 

・Fintechサービスに不可欠であるセキュアなシステム設計で、安心してクラウドファンディング事業を運営可能です。

・事業立ち上げからライセンス取得、業務設計・システム導入支援、運用定着化まで一貫してサービス提供可能です。

・金融商品取引法、貸金業法、 不動産特定共同事業法など各法律に準拠。事業開始に必要な網羅的なシステム機能の標準搭載に加え、お客様の要望に沿った柔軟なカスタマイズが可能です。

・業務効率化(自動化)のサポートが充実しており、投資商品の設計・開発にリソースを集中させることができます。

 

まずはお気軽にお問い合わせください。

問い合わせる