「FUNDINNO(ファンディーノ)」業界No.1取引量20億円突破および新事業戦略を発表日本クラウドキャピタル 事業戦略発表会

株式会社日本クラウドキャピタル(本社:東京都品川区、代表:柴原 祐喜/大浦 学)は、2019年7月2日(火)、株式投資型クラウドファンディング業界初のEXIT案件の成立に伴い、新サービス開始の事業戦略発表会を実施いたしました。

■発表会概要
イベント名称 :日本クラウドキャピタル 事業戦略発表会
日時     :2019年7月2日(火)11:00~12:00
登壇者     :クオンタムリープ 代表取締役 ファウンダー&CEO・出井 伸之様
ユニコーンファーム CEO・田所 雅之様
漢方生薬研究所 代表取締役・橋口 遼様
日本クラウドキャピタル 代表取締役CEO・柴原 祐喜
イベント内容: 「FUNDINNO」取引量20億円突破までの軌跡、および業界初のEXIT事例・新サービスについて
ゲストスピーカー(クオンタムリープ・出井様 / ユニコーンファーム・田所様)によるご講演

■「FUNDINNO」取引額20億円突破までのログヒストリー

柴原祐喜記者会見

日本クラウドキャピタル柴原祐喜

日本において、個人がベンチャー企業の株式を買える仕組みがなく、ベンチャー企業の資金調達方法は限られているという現状がありました。そのため、米国・中国はベンチャー出資額が10兆円を超える一方で、日本は約2000億円と、大きく差が開いています。また、ユニコーン企業数も米国は約150社、中国は約90社、日本は1社と企業数にも大差があります。当社は、個人がベンチャー企業の株を買える世界を創出するためにベンチャー企業と個人投資家の架け橋となる「FUNDINNO」のサービスを開始し、第1号案件から、FUNDINNOにおける資金調達の累計成約額が20億円となりました。また、FUNDINNO初のEXIT事例(株式会社漢方生薬研究所)のご報告をさせていただきました。

■FUNDINNO初のEXITを達成。漢方生薬研究所代表・橋口さまより

漢方生薬研究所 橋口遼さま

株式会社漢方生薬研究所 橋口遼氏

EC事業に長年携わる中で、自社のお客様が株主になることができたら良いなと思っていました。FUNDINNOを利用することで「ファン株主」の世界を作ることができることを知り、1万円で募集を行い、2017年12月にFUNDINNOを通して457人のエンジェル投資家から29,250,000円の資金調達を完了しています。当社は、株主優待を設けており、株を保有していればいる程、割引や特典が付く形により株主還元にも力を入れております。今回、当社がファンドの買い付けの申し出をお引き受けいたしました理由は、株式会社漢方薬研究所と買い手との事業シナジーの可能性があったこと、この買い付けをお引き受けすることによりFUNDINNOを通して株主になっていただいた投資家様にメリットがあったことが挙げられます。株式会社漢方薬研究所はエンジェル投資家の保有する1株500円の株価で募集した株式を、この度750円での買い付けを実施しいたしました。1年5カ月で1.5倍のEXIT事例となり、結果としてFUNDINNOの投資家様に還元をさせていただくことになりました。

■「FUNDINNO」新サービス発表
◆新株予約権
ベンチャー企業の新株予約権を新たな投資機会としてFUNDINNOで購入できるように計画しています。

◆第一種金融商品取引業の取得
ベンチャー企業の株式の相対取引システムの構築により、流通市場を創る予定です。

◆資金調達後の成長支援を通してIRを充実(FUNDOOR)
FUNDINNO発行者の成長支援のための、事業計画、株主管理、などの機能をリリース予定です。

■ゲスト講演ークオンタムリープ代表取締役 ファウンダー&CEO・出井伸之様

クオンタムリープ代表取締役 ファウンダー&CEO・出井伸之様

クオンタムリープ代表取締役 ファウンダー&CEO・出井伸之様

ソニーも設立時はベンチャー企業であり、多くのエンジェル投資家からの資金調達によりスケールすることができました。個人が投資できることは非常に重要であると考えています。銀行からの間接金融だけでなく、直接金融の考え方はベンチャー企業にとって非常に重要であり、個人からの直接金融の世界を構築している日本クラウドキャピタルを応援しています。今回20億円を超えたこと、日本クラウドキャピタルは日本における大きな門を開いたと考えています。誠におめでとうございます。

■ゲスト講演ーユニコーンファーム代表取締役 田所雅之様

ユニコーンファーム代表取締役 田所雅之様

ユニコーンファーム代表取締役 田所雅之様

20億円突破とEXIT事例が出たことが素晴らしい。本当におめでとうございます。私が、なぜ顧問として参画したのか、それは日本クラウドキャピタルがユニコーンを目指しているからです。FUNDINNOはある程度、プロダクトマーケットフィット(PMF)していると感じています。ただ、世界を見ても1つのプロダクトだけでユニコーン企業になることは難しい。そこで、私は日本クラウドキャピタルの新規事業である『FUNDOOR』(ファンドアー)に参画しています。FUNDOORとは、資金調達後の成長支援を通してIRを充実させるプロダクトであり、FUNDINNO発行者の成長支援のための、事業計画、株主管理、などの機能をリリース予定です。FUNDOORをより良いプロダクトとしてリリースするために支援しています。

■「FUNDINNO」新サービス発表の概要■
◆新株予約権:ベンチャー企業の新株予約権を新たな投資機会としてFUNDINNOで購入できるように計画しています。

投資家さまのメリットとしては、いろんな発行者に投資できる機会が増加すること、MA時の投資家保護を図っている点等が挙げられます。今回の新株予約権の特徴として、ベンチャー企業ですので、MAも行われる機会も少なからずあると予想されるので、その場合でも一定程度、投資家さまが保護されるような仕組みを設計しています。具体的には、ダウンバリュエーションのMAが発生してしまった場合、創業株主より優先的に買収額の分配を受けられるような設計にしています。

発行者さまのメリットとしては、従来、ベンチャー企業は、ストックオプションを発行して有能なチームメンバーを集めていましたが、今回、発行者さまはFUNDINNOを通じて新株予約権を発行して資金とファンを集めることができるようになります。このファンが将来のチームメンバーになる可能性もあろうかと考えております。これにより、多様なニーズをもつベンチャー企業の資金調達できる機会を提供いたします。また、株主管理手続が効率化されることから、他の機関投資家からの資金調達がされやすくなる可能性があります。

株式会社日本クラウドキャピタル(http://www.cloud-capital.co.jp/
東京都品川区東五反田5丁目25番18号
第一種少額電子募集取扱業者 関東財務局長(金商)第2957号
加入協会:日本証券業協会

投資型クラウドファンディングシステムCrowdShip Fundingであれば、専任のコンサルタントがクラウドファンディング事業の構築を着実に支援し、成功に導きます。

 

・Fintechサービスに不可欠であるセキュアなシステム設計で、安心してクラウドファンディング事業を運営可能です。

・事業立ち上げからライセンス取得、業務設計・システム導入支援、運用定着化まで一貫してサービス提供可能です。

・金融商品取引法、貸金業法、 不動産特定共同事業法など各法律に準拠。事業開始に必要な網羅的なシステム機能の標準搭載に加え、お客様の要望に沿った柔軟なカスタマイズが可能です。

・業務効率化(自動化)のサポートが充実しており、投資商品の設計・開発にリソースを集中させることができます。

 

まずはお気軽にお問い合わせください。

問い合わせる