不動産クラウドファンディングで早期償還が発生するとどうなる?メリット・デメリット

不動産クラウドファンディングでの早期償還とは

不動産クラウドファンディングの早期償還とは、事業者が予定されている運用期間の終了日以前に、対象物件の売却等により不動産運用を終了し、元本を当初の予定より早く投資家に償還することです。

早期償還のメリット

不動産クラウドファンディングで早期償還が発生すると、次の投資に素早く切り替えることができます。

長期運用のファンドだと出資金が長期にわたって戻ってきませんが、早期償還が発生すれば、出資金と配当を、当初の予定より早く手に入れることができます。

早期償還のデメリット

不動産クラウドファンディングで早期償還が発生すると、当初の予定よりも運用期間が短くなるので、本来もらえるはずの配当金の総額が減ります。

例えば、運用期間が12ヶ月のはずだったファンドが3ヶ月で終わると、3ヶ月分の配当金しか得られません。

投資計画をまた改めて立てなければならないため、手元に投資資金を残しておきたくない方は注意が必要です。

投資型クラウドファンディングシステム
「CrowdShip Funding」

 

東証プライム上場企業を含む約50社への導入実績
経験豊富な専任コンサルタントにより
事業構築~システム導入まで一気通貫でサポート
不特法、金商法など各種法令への準拠、許認可取得のサポートにも対応
IT導入補助金で、最大450万円の導入費用を補助できます
※補助金のご利用には審査があります。

 

様々なビジネススキームに対応

不特法型
融資型
株式・事業投資型

 

当社CrowdShipシリーズは、各ビジネススキームに対応し、各社にカスタマイズしたクラウドファンディング事業立ち上げを支援します。
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

 

導入事例