「CrowdShip Funding」SaaSモデルが、12月16日オープンの不動産クラウドファンディング「Mr.FUNDMAKER」に採用。

グローシップ・パートナーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:松井晴彦)が提供する投資型クラウドファンディングシステム「CrowdShip Funding」SaaSモデルが、12月16日オープンの不動産クラウドファンディング「Mr.FUNDMAKER」に採用されました。

「Mr.FUNDMAKER」では現在、会員登録を受付中で、1月6日に第1号ファンドを募集開始予定です。

この度「CrowdShip Funding」SaaSモデルが採用された「Mr.FUNDMAKER」は、Mr.LAND株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:名塚令)が運営する不動産クラウドファンディングです。

「Mr.FUNDMAKER」では、高利回りかつ小規模でも味のある物件に1万円から投資が可能です。

投資することで不動産投資を身近に感じられ、不動産ーナーになる楽しさ・資産運用の面白さを体験できます。

記念すべき第1号ファンドは、埼玉県戸田市にある満室稼働中の収益アパート2階部分(区分)。築50年近く、いぶし銀の趣があります。

条件的には、築古・区分・土地共有で一見、権利関係が複雑、銀行融資も付きづらい「難あり物件」ですが、地域活性化を含めた将来の不動産価値再生まで見込んだ、未来志向のプロジェクトとしては十分な投資妙味を感じることができる物件です。

第1号ファンド・物件外観

CrowdShip Funding SaaSモデルとは
小規模不動産特定共同事業者向けに開発された投資型クラウドファンディングシステムです。
従来の「CrowdShip Funding」の高機能はそのままに、web画面レイアウトや契約書面、送信メールが事前設定されています。
最新のeKYC(オンライン本人確認システム)も標準搭載しており、反社チェックやマイナンバー保管サービスも標準でサポートいたします。
また、電子取引業務の申請に必要なシステムドキュメントや、クラウドファンディング事業の運営に必要な業務フローの提供も標準で実施いたします。

CrowdShip Fundingとは
CrowdShip Fundingは、融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)、不特法型クラウドファンディング、事業ファンド型クラウドファンディングといった各法律スキームに対応した投資型クラウドファンディングのパッケージシステムです。
投資家の募集から入出金管理、法定帳票などのフロントエンド業務、ファンド運営に必要な分配金計算や出資金管理などのバックエンド業務までを幅広くカバーしています。また、高度なセキュリティ・内部統制要件に対応し、最新のUI/UXを具備しており、現在までに30社以上に採用されています。

グローシップ・パートナーズ株式会社について
グローシップ・パートナーズは、平成28年7月にグローバルに展開する大手コンサルティング出身者により設立された独立系のコンサルティング会社です。
最新テクノロジー×新しいビジネスモデルにフォーカスし、新規事業を創造する企業の皆様の成功をご支援するために設立いたしました。
フルスタック型コンサルタント集団として、企業の皆様とともにチャレンジいたします。

投資型クラウドファンディングシステム
「CrowdShip Funding」

 

東証プライム上場企業を含む約50社への導入実績
経験豊富な専任コンサルタントにより
事業構築~システム導入まで一気通貫でサポート
不特法、金商法など各種法令への準拠、許認可取得のサポートにも対応
IT導入補助金で、最大450万円の導入費用を補助できます
※補助金のご利用には審査があります。

 

様々なビジネススキームに対応

不特法型
融資型
株式・事業投資型

 

当社CrowdShipシリーズは、各ビジネススキームに対応し、各社にカスタマイズしたクラウドファンディング事業立ち上げを支援します。
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

 

導入事例