「わかちあいファンド大津南郷」即日完売、本人確認がオンラインで完結するeKYCサービスを導入

株式会社日本プロパティシステムズ(所在地:滋賀県大津市、代表取締役:森田 康弘)が運営する不動産投資型クラウドファンディング「わかちあいファンド」は2021年7月7日に募集を開始した「わかちあいファンド大津南郷」を即日完売いたしました。

「わかちあいファンド大津南郷」は、ハウスメーカー施工の二世帯住宅をリノベーションした物件を対象に、年利6.1%を想定したファンドです。
続いて「わかちあいファンド大津中庄」を2021年7月26日に募集開始いたします。
このファンドは、滋賀県大津市の改装後中古住宅を対象物件に予定期間1年の運用となります。
予定年利回りは6.1%、1口10万円から、資産運用が始められます。

<詳細>
物件所在地 :滋賀県大津市中庄
構造 : 木造合金メッキ鋼板葺2階建
募集期間 : 2021年7月26日(月)~完売まで
募集金額 : 2,000万円
1口出資額 : 10万円
予定年利回り : 6.1%
配当サイクル : 1回
予定運用期間 : 2021年8月12日(木)~2022年8月31日(水)
※現状改装中となります。

また、「わかちあいファンド」 の新規投資家登録に「eKYCサービス」を2021年7月1日より導入いたしました。

eKYCはスマートフォン上で撮影した本人確認書類と顔写真を添付するだけで 本人確認が可能になるサービスです。オンラインで本人確認が完結し、口座開設にかかる時間を大幅に短縮することが可能です。

当社『わかちあいファンド』は、今までは本人確認ハガキで郵送到着確認していましたが、Web上で本人確認が完結できます。これにより、本人確認手続きの最中にお目当ての商品が売り切れてしまう、などといったストレスも軽減でき、ますます資産運用を手軽に始めていただけるものと考えております。

STEP1:本人確認書類の撮影
STEP2:顔写真の撮影
STEP3:リアルタイムチェック
3つの簡潔なプロセスで完了致します。

「eKYC」が導入され、ますます手軽になった『わかちあいファンド』にぜひご注目ください。

◆ 日本プロパティシステムズ 会社概要
社名:株式会社日本プロパティシステムズ
代表者:代表取締役社長 森田 康弘
URL:https://www.psystems.co.jp/
本社:滋賀県大津市島の関1-10
設立:2000年9月
資本金:1億円
事業内容:
・不動産投資運用事業(長期戦略事業、不動産ファンド事業)
・テナントリーシング、店舗開発事業(テナント情報館)
・宿泊事業
・不動産部門(分譲事業)
・賃貸部門(プロパティマネジメントと建物管理事業、賃貸住宅の仲介事業、再生可能エネルギー事業)
・海外部門(駐在員向けの仲介及び投資コンサルティング事業)
◆わかちあいファンド:https://wakachi-i.jp/
専用窓口: 0120-930-637(平日9:30~17:30)

記事引用元:

投資型クラウドファンディングシステムCrowdShip Fundingであれば、専任のコンサルタントがクラウドファンディング事業の構築を着実に支援し、成功に導きます。

 

・Fintechサービスに不可欠であるセキュアなシステム設計で、安心してクラウドファンディング事業を運営可能です。

・事業立ち上げからライセンス取得、業務設計・システム導入支援、運用定着化まで一貫してサービス提供可能です。

・金融商品取引法、貸金業法、 不動産特定共同事業法など各法律に準拠。事業開始に必要な網羅的なシステム機能の標準搭載に加え、お客様の要望に沿った柔軟なカスタマイズが可能です。

・業務効率化(自動化)のサポートが充実しており、投資商品の設計・開発にリソースを集中させることができます。

 

まずはお気軽にお問い合わせください。

問い合わせる