不動産特定共同事業法に係る変更許可(任意組合型)取得のお知らせ

不動産特定共同事業法に伴う「大家.com」を運営する株式会社グローベルス(本社:東京都品川区、代表取締役:藤田賢一以下、「当社」)は、2020年8月4日付で不動産特定共同事業に係る許可を取得いたしましたが、既存事業との相乗効果拡大のため「任意組合型」の変更許可の取得、及び2020年10月29日より運営を開始しております大家.comでの複数回分配への約款修正を2021年3月29日に行いました。なお、すでに運営を開始しております「大家.com」(匿名組合型)と「任意組合型」とは下記のような相違点がございます。

匿名組合型「大家 .com」任意組合型
契約形態匿名組合契約任意組合契約
所有権運営会社である当社が所有任意組合の各組合員である投資家が出資額の割合で共有持分を所有(当社が業務執行組合員となります)
税金について利益の分配金について雑所得分配金については不動産所得
対象者資産形成に利用したい投資家資産形成・相続対策に利用したい投資家

「任意組合型」の事業スキーム
投資家様は、当社と不動産売買契約を締結し、対象不動産の共有持分を取得します。また、売買契約と同時に当社を業務執行組合員とする任意組合契約を締結します。不動産の管理・運営については弊社が行い、分配にあたっては賃料収入等から管理費等を除いた収益を共有持分の割合に応じて投資家様に分配し、任意組合を清算(事業終了)という流れになります。

   特徴・メリット
1. 小口単位で購入可能
数十万円~数百万円から自己資金に合わせて必要な分だけ不動産を購入することができます。従来の不動産投資のように、銀行ローンを組んだり数千万円もの資金を用意する必要がありません。
2.資産運用の選択肢として
想定表面利回りは3%~4%台(案件により異なります)と、銀行預金と比較して魅力ある利回りとなっています。節税効果だけでなく、保有期間中の配当による資産運用が可能となります。

 

3.賃貸管理は当社へ
賃貸経営に必要な入居者管理や建物管理は、当社が一括で対応致しますので、投資家様は面倒な維持管理の手間を考える必要がありません。
4.相続税対策に効果
不動産資産は、現金資産と比較して評価額を圧縮できることから相続対策に有効となります。

購入した持分は小口単位で分割・相続できるので、相続人が複数いる場合でも平等に相続させることが可能です。現金を任意組合持分に置き換えることで、相続税評価額減による節税効果も期待できます。

 大家.comにおける複数回分配の約款修正について

2020年10月29日よりスタートしております、匿名組合型「大家.com」では1号案件から5号案件のすべてにおいて償還時の一括償還での対応でしたが、今回の約款変更の修正に伴い案件運用中の分配が可能となります。運用中の分配が可能になる事で「大家.com」の基本コンセプトである“だれでも・簡単に大家になろう”をより身近に感じて頂ける商品組成が可能となります。複数回分配への対応案件は今後の案件内容を踏まえ募集時の募集内容に記載させて頂きます。

今後の展開
今回の変更許可取得及び複数回分配への約款変更に伴い、すでに事業を開始している「大家.com」の案件組成幅の拡大、2021年4月1日より親会社であるプロスぺクト社の新築マンション等販売事業が当社へ移管される事に伴う既存事業と「任意組合型」の事業内容の特性を検討し相乗効果を発揮できる商品を組成し、不動産投資をより身近に感じてもらえる商品の提供をしてまいります。

記事引用元:

CrowdFunding Channelでは、投資家の皆様に役立つ投資型クラウドファンディングに関する情報を発信しています。
各社サービスの状況も随時更新していますので、是非ご覧ください!

不動産クラウドファンディング
【ランキング】
利回り 上位5社
【ランキング】
累計募集金額 上位5社
【徹底比較】
全サービス実績比較
【徹底比較】
どんな会社が不動産クラウドファンディングの運営しているの?
ランキングランキング