【不動の人気】湘南エリアの区分店舗!想定利回り6.0%!第13号ファンド、本日17時より募集開始のお知らせ

株式会社SATAS(本社:東京都港区、代表取締役社長:小林秀豪、以下「当社」)は、当社が運営する不動産小口化商品クラウドファンディングサービス「WARASHIBE(ワラシベ)」https://warashibe.co.jp/)において、2020年12月21日(月)17時より第13号ファンド「神奈川県 茅ヶ崎Ⅰ」の一般出資申込受付を開始いたします。詳しいファンド情報はこちらをご覧ください。https://warashibe.co.jp/fund/13

 【神奈川県 茅ヶ崎Ⅰ 概要】
・ファンド名:「神奈川県 茅ケ崎Ⅰ」インカムゲイン型
・対象物件:神奈川県茅ケ崎市1区分(店舗:コンビニエンスストア)
・募集金額:168,000,000円
・想定利回り(年利):6.0%
・配当・償還予定日:2022年3月初旬
・想定運用期間:1年(2021年3月1日~2022年2月28日)
・口数:1口1万円
・募集期間:2020年12月21日17:00~2021年2月12日13:00

【 POINT 】
・想定利回り6.0% インカムゲイン型、1年の運用期間、未経験の方におすすめ
・人気の湘南エリア、神奈川県茅ケ崎市のサザン通りにあるコンビニエンスストアが賃貸している区分店舗への投資
・稼働率100%

【 WARASHIBEとは 】
2019年にオープンした不動産小口化商品クラウドファンディングサービス「WARASHIBE」では、これまでに12のファンドを販売。抽選形式の商品は、すべて135%以上の募集額を達成。直近で募集をした「TOKYOマンション7区分ファンドⅠ」は、 311%の募集額を達成しました。今後も、収益性の高い物件であると同時に、土地を含む不動産としての価値についてもしっかりと検証を行った、選び抜いた物件の商品化を行ってまいります。

 

記事引用元:

 

投資型クラウドファンディングシステムCrowdShip Fundingであれば、専任のコンサルタントがクラウドファンディング事業の構築を着実に支援し、成功に導きます。

 

・Fintechサービスに不可欠であるセキュアなシステム設計で、安心してクラウドファンディング事業を運営可能です。

・事業立ち上げからライセンス取得、業務設計・システム導入支援、運用定着化まで一貫してサービス提供可能です。

・金融商品取引法、貸金業法、 不動産特定共同事業法など各法律に準拠。事業開始に必要な網羅的なシステム機能の標準搭載に加え、お客様の要望に沿った柔軟なカスタマイズが可能です。

・業務効率化(自動化)のサポートが充実しており、投資商品の設計・開発にリソースを集中させることができます。

 

まずはお気軽にお問い合わせください。

問い合わせる