オフィス需要が低下する中、即日成約決定!「Smart Center Office」

株式会社プロフィッツ(本社:東京都港区、代表取締役:田中慎一郎、以下当社)は、募集を開始いたしました「Smart Center Office両国駅前」(以下SCO)が、発表後、即日内覧いただき工事完了前に内定、この度成約しましたことをお知らせいたします。

Smart Center Office」について

「Smart Center Office」は、ニューノーマル時代のオフィスワークとテレワークを高次元で併用した、ウイルス対策による安全性とハイブリッドワークを後押しする新コンセプトオフィスです。

新型コロナウイルス感染拡大を機に、〈働く場所〉〈働き方〉はより多様性を増し、同僚とのコミュニケーションや就労環境など〈働く〉ことについて多くの気づきや課題が浮き彫りになってきています。
そこで当社は、SCOシリーズ第1弾を両国駅前ビルにて展開するにあたり、これまでのオフィススペースの前提である社員全員分の席数の確保ではなく、テレワークにより減少した出社人数を基点としました。さらにコミュニティポイントとしてビアサーバーなどを設置したリ、フレッシュスペースやソファ席といった社員の満足度を上げコミュニケーションを誘発するスペースを整えています。
これにより、リアルな場であるオフィスだからこそ得られる企業の文化醸成・価値観共有の促進と、特に成長フェーズ初期の企業などが抱える<高品質オフィスは入居・維持費用が高額でハードルが高い>という課題を解決します。自社オフィスを構えることで、社員の意識・モチベーションをUPさせ、生産性・収益性の維持向上にも繋がります。
ウイルス対策による安全面としては、デスクの背面対向式配置による飛沫防止、ウイルス対策に有効な光触媒(レコナガード エアリフレッシュ)による抗菌コーティングなどを施し、利用者の安心安全にも努めました。

テナント企業にとっては、必要面積の縮小および入居当日から使用できるよう、家具設置を含めあらかじめオフィス内装が施されているなどの利点から、入居から退去までに掛かる費用が約38%削減されます。

Smart Center Office両国駅前」について
SCOシリーズ第一弾となる「Smart Center Office両国駅前」は、株式会社フロンティアコンサルティングと協働し、株式会社ブリッジ・シー・キャピタルの協力を得て、11月6日に両国にてオープンいたしました。
入居することとなったのは、医療機関向けの業務支援Saasを開発するヘルスケアスタートアップの株式会社3Sunny(スリーサニー) (本社:東京都新宿区、代表取締役:志水文人)です。SCOのコンセプトへの共感やコストメリットを理由に、工事完了前に入居を決定いただきました。
株式会社3Sunny 代表取締役 志水文人のコメント

新型コロナウイルス感染拡大を機に、全社リモートワークに移行を進めていました。しかし事業拡大に伴い企業文化の醸成や議論の強度を高めるために物理的な場所は不可欠と考えを改め、リモート・オフィスを組み合わせた働き方を実現させたいと思っていたところSCOを紹介いただきました。
コンセプトへの共感に加えて、家具や内装がすでに施されていることで初期コストを大幅に抑えることができるなどスタートアップにとって大きなメリットもあり、まさに理想的な物件に出会えたと思い早々に入居を意思決定しました。

■ニーズ合わせたSCO開発

当社は、ニーズに合わせた開発を行えるよう「入居したいSCO」「SCOにしたい物件」の希望を受け付けていきます。
新しい事業のスタートや、テレワークにおけるオフィスの縮小化を行う際に発生する「拠点用意の際、希望エリアがあるものの上手く探せない」「自分たちですべての用意をするのは知見もコストも必要」といったテナント企業の課題を解決します。
エリアや希望条件、「こんなオフィスにしたい」といったご希望を登録いただくと、今後優先的にご相談・ご提案をいたします。
◆「入居したいSCO」 URL:https://forms.gle/yXPxcs5y9eMXg27S6

また、「所有しているビルの1フロアを有効活用したい」「早くテナントを探したい」というオーナー様のご要望も受け付けます。
◆「SCOにしたい物件」 URL:https://forms.gle/uPZuZ8ycTVMuA1Xr5

当社は「SCO両国駅前」を皮切りに、2021年中には30~50坪規模のオフィス3ヶ所を新規オープン予定、2022~2023年にはビル単位に拡大し、将来的には株式会社フロンティアコンサルティングによるオフィスコンサルティングの知見とのシナジーを生かしたファンド設立による事業拡大を目指します。

Smart Center Office両国駅前」の仕様

  • 約20名まで収容可能。(固定席9名、フリー席4名、ソファ・会議室8名)
  • 来客対応も可能な6名用会議室、1名用テレワークブース。
  • ハイカウンター(ビアサーバー設置)やソファ席といったリフレッシュスペース。

【物件名】 両国駅前ビル(BCCが運営するクラウドファンディング「CREAL」にて資金調達)
【住所】 東京都墨田区両国2-13-8 【交通】 JR中央・総武各駅停車 両国駅 徒歩2分・都営大江戸線 両国駅 徒歩9分 【フロア/面積】 7階/23.82坪(78.74㎡)【賃料】 390,000円(共益費込、税別)

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社プロフィッツ(担当:岩田友則)
Mail tomonori.iwata@profitz.jp

株式会社プロフィッツ概要
代表者:代表取締役 田中 慎一郎
住所:東京都港区西麻布3-2-43 7F
ホームページ:https://profitz.jp
事業内容:
専門性の高いメンバーにより形成され、”アセットマネジメント&総合不動産サービス”を展開。固定観念にとらわれず、不動産の使い方・活かし方を投資目線+αの”コンテンツ”としてプロデュースすることで、不動産業界では難しかった三方良しの世界の実現を目指します。2020年5月には国内初の規模を誇る保育園特化型ファンドの組成をアレンジし注目を集めました。

入居したいSCO  https://forms.gle/yXPxcs5y9eMXg27S6
SCOにしたい物件 https://forms.gle/uPZuZ8ycTVMuA1Xr5

関連プレスリリース
2020年10月29日
ニューノーマルにおけるハイブリッドワークを後押しする新コンセプトオフィス「Smart Center Office」のシリーズ第1弾を両国にオープン

記事引用元:

投資型クラウドファンディングシステムCrowdShip Fundingであれば、専任のコンサルタントがクラウドファンディング事業の構築を着実に支援し、成功に導きます。

 

・Fintechサービスに不可欠であるセキュアなシステム設計で、安心してクラウドファンディング事業を運営可能です。

・事業立ち上げからライセンス取得、業務設計・システム導入支援、運用定着化まで一貫してサービス提供可能です。

・金融商品取引法、貸金業法、 不動産特定共同事業法など各法律に準拠。事業開始に必要な網羅的なシステム機能の標準搭載に加え、お客様の要望に沿った柔軟なカスタマイズが可能です。

・業務効率化(自動化)のサポートが充実しており、投資商品の設計・開発にリソースを集中させることができます。

 

まずはお気軽にお問い合わせください。

問い合わせる