お金 第3の置き場 「i-Bond(アイボンド)」 ブランドサイトをリニューアル!

不動産賃貸関連サービスの株式会社マリオン(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 福田敬司)は、お金 第3の置き場「i-Bond(アイボンド)」のブランドサイト(https://www.i-bond.jp/) をリニューアルし、11月9日(月)にオープンいたしました。同日、正午より「i-Bond 第5回追加募集」を開始いたします。

【リニューアルの背景】
2019年6月の事業開始以来、延べ32万人の方にブランドサイトをご利用いただき、様々なお声をいただく中で、お客様にi-Bondをよりわかりやすく、親しみやすく感じていただくとともに、ブランドサイトをより使いやすく、身近に感じていだだきたいとの思いから、ブランドの再構築を行い、リニューアルいたしました。また、ブランドロゴの刷新やキャラクターの新設、i-Bondチャート(ビジネスモデル特許:第5831989号)や分配金シミュレーションなど、お客様に使って、試していただける機能も充実させました。

【リニューアルのポイント】
(1) ブランド再構築
i-Bondについてよりわかりやすく、親しみやすいブランドイメージや商品について、お客様と共有できるように再構築いたしました。

①  ブランドビジョン
i-Bondは、預貯金への不満と投資への不安を取り除く「お金 第3の置き場」であり、「個人版私募リート」の仲間です。また、クラウドファンディングを駆使して、「安心できるお金の新しい世界」を創造していきます。

②  ブランドポジション

③  i-Bondとは
i-Bondは不動産を所有することなく、1万円で家賃収入が安定的に得られる新しいサービスです。いつ入れても、いつ出しても自由。不動産という安定資産から家賃収入を得る、本物の新しい直接投資です。

(2) 新ロゴマーク

①お金 第3の置き場の“3”を抽象化しています。
②希望があふれ、新しいことにチャレンジするわくわくしたイメージと、お客様と真摯に向き合い、心が通うあたたかいイメージを太いラインのハートで表現しています。
③ハートの内側の “<”は大きな夢が広がり続けること、そしてLOVEの“L”をイメージしています。

(3) キャラクター
お客様に寄り添う立場で接する誰からも愛されるカンガルーのキャラクターが誕生しました。

■名前
アイ(母)・アイモン(子)
■由来
愛情深いアイは、お客様の夢のある快適な老後と幸せを願い、お客様に寄り添い、共に成長するために誕生しました。
■性格
しっかりもの、常にポジティブ、優しく穏やか
■特技
・人が喜ぶのを見ると、感動して高く飛び跳ねる
・理解・納得するとジャンプ
・手先が器用
・メモ・リサーチ

(4)  i-Bondチャート
出資元本、分配金への影響、入居率や商品ポートフォリオなど一目でご確認いただけるように、シンプルなチャートにリニューアルしました。初めて出資するときに過去の実績を確認する際や出資後に毎月の実績を確認する際にご利用ください。

(5) 分配金シミュレーション機能
出資口数と期間(年)を入れると、分配金(税引き前)を自動計算できる機能を追加しました。購入前のシミュレーションに便利です。
 

【i-Bondについて】
■i-Bondとは?
① 元本保証?
元本保証ではありませんが、元本を不動産で限りなく保全しています。損失が発生するような場合には、5%以内の損失を株式会社マリオンが負担します。
②過去に元本割れしたことがある?
マリオンがこれまでに販売してきた商品(マリオンボンド、サラリーマンボンド含む)は、約16年間(130億円)一度も元本割れしたことがありません。
③買取請求できる?
買取可能です。24時間365日WEBにて受付可能です。受付後、5営業日後に銀行口座に送金します。
④事業会社のマリオンはどんな会社?
不動産賃貸サービスを30年以上提供する上場会社です。い
⑤手続きは?
来店(面談)も電話も不要です。WEB上で簡単にお手続きが可能です。
⑥手数料は?
会員登録、申込、買取にかかる手数料は無料です。

■商品サイト
https://www.i-bond.jp/

■PDFはこちらら
https://ssl4.eir-parts.net/doc/3494/tdnet/1899928/00.pdf

記事引用元:

投資型クラウドファンディングシステムCrowdShip Fundingであれば、専任のコンサルタントがクラウドファンディング事業の構築を着実に支援し、成功に導きます。

 

・Fintechサービスに不可欠であるセキュアなシステム設計で、安心してクラウドファンディング事業を運営可能です。

・事業立ち上げからライセンス取得、業務設計・システム導入支援、運用定着化まで一貫してサービス提供可能です。

・金融商品取引法、貸金業法、 不動産特定共同事業法など各法律に準拠。事業開始に必要な網羅的なシステム機能の標準搭載に加え、お客様の要望に沿った柔軟なカスタマイズが可能です。

・業務効率化(自動化)のサポートが充実しており、投資商品の設計・開発にリソースを集中させることができます。

 

まずはお気軽にお問い合わせください。

問い合わせる