海外ローンファンドを主に扱うソーシャルレンディング事業者では初!融資先情報公開ファンドをリリース!

ネクストシフト株式会社(本社:鳥取県八頭郡八頭町 代表取締役社長CEO:伊藤 慎佐仁)は、金融庁より匿名化を不要とする要件が公表されてより初となる融資先情報公開ファンドの募集を2019年6月25日(火)より開始した。海外ローンファンドを主に扱うソーシャルレンディング事業者では融資先情報の公開は初(※同社調べ 2019年6月時点)。

【ファンドリリースの経緯】

2019年3月18日、金融庁から融資型クラウドファンディング(貸付型クラウドファンディング、ソーシャルレンディング)の事業者の融資先(借り手)の匿名化を不要とする要件が公表されました。当社は社会的インパクト投資を通じて、世界の社会課題を解決し投資家と投資先を幸せにすることをミッションとして掲げており、現在はジョージアとカンボジアを中心として、健全な財務基盤と強い社会的ミッションを持つ複数のマイクロファイナンス機関への融資を実施しております。

一方で融資先対象国が新興国ということもあり、これまで社会的・経済的環境の面等で投資家の皆様に対し、ご懸念を抱かせてしまったことと存じます。今回の匿名化を不要とする要件の公表を受け、投資家の皆様が正しくリスクを理解し健全な判断の元に投資をして頂けるよう、融資先のマイクロファイナンス機関と協議を重ね初の融資先情報公開ファンドとなる「カンボジア農家さん応援ファンド1号」を公開する運びとなりました。

【当ファンドの特徴】

融資先情報公開後、最初のファンドとして、カンボジアのJC FINANCE PLC社(以下、JC社)に融資を行います。JC社は、農機ローンをはじめとした農家向けの融資事業を展開しています。テクノロジーを活用することが特徴で、現地最大手の送金業者と戦略提携をし、これまでマイクロファイナンス機関がリーチできなかった、郊外の奥地にいる農家の支援を可能にします。当ファンドはJC社に融資を行うことで、カンボジアの経済発展に貢献することを目指します。

【当ファンドの基本情報】

ファンド名:カンボジア農家さん応援ファンド1号
目標利回り(年率):4.60%
募集期間:2019年6月25日から2019年7月29日まで
※期限日前に満額となった場合は、募集期間中でも募集を終了させていただく場合があります。
※残り募集期間最終日のご入金期限は15時30分着金分までとなっております。
運用予定期間:2019年8月8日から2020年8月8日まで(1年間)
※募集状況または融資先の事情により、期間前に運用開始する場合があります。分配:6か月ごと
償還予定日:2020年9月30日(運用終了日の翌月末)最低投資額:¥20,000 追加単位¥20,000
営業者報酬(年率):2.0%
販売手数料:0%
通貨:日本円建て(貸付は米ドル建てで行なっており、為替リスクがあります)
募集者:ネクストシフト株式会社
営業者:ネクストシフト株式会社
ファンド詳細:https://nextshiftfund.jp/investment/fund_detail/17/

今後も当社は社会的インパクト投資を通じて、社会問題解決への貢献と、投資家様への経済的リターンを目指して参ります。

【会社概要】
会社名:ネクストシフト株式会社
所在地:鳥取県八頭郡八頭町見槻中154-2 隼Lab. 2F
代表者:伊藤 慎佐仁
設立:2016年10月7日
URL:https://www.nextshift.jp/
事業内容:社会的インパクト投資
株主:経営陣、株式会社鳥取銀行、株式会社山陰放送、とっとり地方創生ファンド投資事業有限責任組合、谷家衛、他
第二種金融商品取引業 登録番号:中国財務局長(金商)第48号
加入している金融商品取引業協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
ファンド情報・口座開設はこちら:https://nextshiftfund.jp/

【お客様からのお問い合わせ先】
下記問い合わせページよりお問い合わせください。
https://nextshiftfund.jp/faq/faq.html

投資型クラウドファンディングシステムCrowdShip Fundingであれば、専任のコンサルタントがクラウドファンディング事業の構築を着実に支援し、成功に導きます。

 

・Fintechサービスに不可欠であるセキュアなシステム設計で、安心してクラウドファンディング事業を運営可能です。

・事業立ち上げからライセンス取得、業務設計・システム導入支援、運用定着化まで一貫してサービス提供可能です。

・金融商品取引法、貸金業法、 不動産特定共同事業法など各法律に準拠。事業開始に必要な網羅的なシステム機能の標準搭載に加え、お客様の要望に沿った柔軟なカスタマイズが可能です。

・業務効率化(自動化)のサポートが充実しており、投資商品の設計・開発にリソースを集中させることができます。

 

まずはお気軽にお問い合わせください。

問い合わせる