年利10.0% 「Branche阿佐ヶ谷ファンド4」クラウドファンディングによる募集開始

 戸建住宅最大手、飯田グループのグループ会社で、東京・名古屋・福岡エリア等を中心に投資用マンションの企画・設計・販売を手掛ける株式会社リビングコーポレーション(所在地:東京都渋谷区 代表取締役社長:鈴木英樹)は、自社で運営する不動産クラウドファンディングサイト「property+/プロパティプラス」にて「Branche(ブランシェ)阿佐ヶ谷ファンド4」の募集を2021年9月15日(水)12時より開始いたします。

同ファンドは、2021年8月4日に募集を開始し即日完売となりました「Branche阿佐ヶ谷ファンド3」と同じ開発物件をファンド化した商品です。過去の「Branche阿佐ヶ谷」関連ファンドと同様にproperty+を通じて1万円から投資を始めることができ、キャンペーンファンドとして想定利回り年利10.0%にて募集いたします。
※出資には、事前の会員登録および出資者情報登録が必要となり、お申し込みは先着方式となっております。

本年5月より新たに開設したproperty+は、個人投資家や投資未経験の方々に居住用賃貸物件を中心に優良な投資用不動産を小口化商品として提供・販売していくサイトです。Branche阿佐ヶ谷ファンド4は、当社開発により2020年2月に竣工した単身者向け高級デザイナーズマンション「Branche阿佐ヶ谷」の1区分区画を小口化したものです。

<Branche阿佐ヶ谷ファンド4概要>
URL: https://propertyplus.jp/investment/investment_entry.html?fund_id=9
対象不動産:Branche阿佐ヶ谷 1戸
募集総額(優先出資額):12,000,000円
年利:10.0%
募集期間:2021年9月15日~9月22日(1週間)
運用期間:2021年10月1日~2021年12月31日(3か月間)
1口当たり金額:1万円
募集形式:先着方式

<不動産特定共同事業概要>
(1)許可年月日:2021年3月10日
(2)許可番号:東京都知事 第 150 号
(3)許可の内容:不動産特定共同事業法第2条第4項第1号および第2号に掲げる業務(電子取引業務含む)

今後も当社はproperty+を通じて、投資家に定評のある当社開発商品を中心に、これまで富裕層や一部法人投資家に限られていた優良不動産への投資機会を広く個人投資家や投資未経験の方々に積極的に提供致します。これにより、ライフスタイルの様々なステージで皆様の資産形成に寄与できるものと考えております。

<property+/プロパティプラス ロゴ、URLおよびスローガン>

URL: https://propertyplus.jp/

投資物件に価値をプラス。あなたの人生に価値をプラス。

<リビングコーポレーションについて>
株式会社リビングコーポレーションは、「合理性+デザイン」という新たな価値創造を通じて、賃貸用RC造マンション、木造アパートの開発を中心に、ホテル開発事業・各種投資事業・PM事業等を展開する総合不動産デベロッパーです。中核商品として、通常10mの建物高さにおいて、一般的な工法では3階までとなるところを、独自の工法(10-4(TEN-FOUR)CUBE工法、特許取得済)により4階建のマンション建築を実現した、quadorシリーズ(旧Branche、旧MODULOR)を東京・名古屋・福岡を中心に、全国でこれまで総計295(*)棟開発しています。(*)2021年3月末現在

【会社概要】
会社名:株式会社リビングコーポレーション
所在地:東京都渋谷区渋谷4-2-12 EDGE南青山2F
代表者:鈴木 英樹
設立:2015年8月
URL:https://www.living-cp.co.jp/
事業内容:不動産開発業・各種投資業
※株式会社リビングコーポレーションは分譲戸建住宅の国内販売シェア日本一で知られる飯田グループホールディングス株式会社のグループ会社です。

< Branche阿佐ヶ谷 物件写真>

記事引用元:

投資型クラウドファンディングシステムCrowdShip Fundingであれば、専任のコンサルタントがクラウドファンディング事業の構築を着実に支援し、成功に導きます。

 

・Fintechサービスに不可欠であるセキュアなシステム設計で、安心してクラウドファンディング事業を運営可能です。

・事業立ち上げからライセンス取得、業務設計・システム導入支援、運用定着化まで一貫してサービス提供可能です。

・金融商品取引法、貸金業法、 不動産特定共同事業法など各法律に準拠。事業開始に必要な網羅的なシステム機能の標準搭載に加え、お客様の要望に沿った柔軟なカスタマイズが可能です。

・業務効率化(自動化)のサポートが充実しており、投資商品の設計・開発にリソースを集中させることができます。

 

まずはお気軽にお問い合わせください。

問い合わせる