不動産投資クラウドファンディング「AP Funding(エーピーファンディング)」第1号ファンド「沖縄古民家再生プロジェクト」の募集開始!

アートプラン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:松本修、以下当社)は、インターネットを活用した不動産投資クラウドファンディング事業「AP Funding(エーピーファンディング)」をスタートしました。第1号ファンド「沖縄古民家再生プロジェクト」の募集を本日、2021年5月17日(月)17時から開始します。

サイトURL:https://ap-funding.com/

  • 「AP Funding」について

当社は、不動産特定共同事業法に基づく事業の許可、並びに電子取引業務の認可を取得したことにより、インターネット上で不動産投資に係る契約締結が可能となりました。そのため「AP Funding」のプラットフォーム上では、投資家登録及び投資実行に際し、書面による手続きが不要となります。
これにより、1口1万円(プロジェクトにより異なる)からオンラインで不動産投資が可能となるため、より多くの方々へ投資機会を創出するとともに、資金調達が困難であった不動産投資市場の活性化の一翼を担うべく多くの方に活用いただけるプラットフォームを目指してまいります。

  • 第1号ファンド「沖縄古民家再生プロジェクト」について

▼第1号ファンド「沖縄古民家再生プロジェクト」
https://ap-funding.com/project/detail/8

今回、調達予定総額3,850万円(税込)の第1号案件「沖縄古民家再生プロジェクト」は、沖縄県本部港の西に位置し沖縄本島と瀬底大橋で接続された、周囲約8kmの小さな島である瀬底島におけるプロジェクトです。
818.95平米の土地にある63.53平米の古民家を保有し、宿泊施設として再生するための資金調達のために組成予定です。

近年、瀬底島においても少子高齢化の進行や若年層が都市部へ移り住むことにより、集落部において空き家が増加しており、未活用となっている空き家を改修し、宿泊施設へと活用することにより、本部町への宿泊客数を増加させていき、地域経済の活性化に繋げていきたいという想いのもと、プロジェクトが発足されました。

本ファンドの分配金は、保有期間の宿泊施設運営利益・売却時の売却益を原資とし、ご出資頂いた金額に応じて分配いたします。
運用においては匿名組合契約を締結し、投資家の皆様を優先出資80%、弊社を劣後出資20%の割合で運用いたします。

■第1号ファンド「沖縄古民家再生プロジェクト」詳細
・ファンド名:沖縄古民家再生プロジェクト
・募集金額:3,850万円(税込)
・想定利回り(年利):6%
・最小投資口数:5口(5万円)
・想定運用期間:12ヶ月(2021/7/1~2022/6/30)
・募集期間:2021/5/17 17:00~6/16 17:00
・配当予定日:2022/8/15

■「AP Funding(エーピーファンディング)」概要
サービス名:AP Funding(エーピーファンディング)
募集予定物件:
レジデンス(一棟および区分ワンルーム)、保育園、商業ビル、
esports施設、地方創生案件、ホテル(旅館・リゾートホテル含む)、コンバージョン案件など
想定運用期間:6ヶ月~
想定利回り(年利):4.5%~9.0% ※税引き前
会員登録料:無料
サイトURL:https://ap-funding.com/

■会社概要
会社名:アートプラン株式会社
所在地(本社):〒100-6103 東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー3F
代表取締役:松本 修
設立:1998年6月19日
資本金:1億円
上場市場:深圳証券取引所(上場コード:962853)
免許:不動産特定共同事業許可番号 東京都知事 第146号
企業サイトURL:http://www.artplan21.jp/

■お問い合わせ
アートプラン株式会社 クラウドファンディング事業部
メールアドレス:ap-funding@artplan21.jp

記事引用元:

投資型クラウドファンディングシステムCrowdShip Fundingであれば、専任のコンサルタントがクラウドファンディング事業の構築を着実に支援し、成功に導きます。

 

・Fintechサービスに不可欠であるセキュアなシステム設計で、安心してクラウドファンディング事業を運営可能です。

・事業立ち上げからライセンス取得、業務設計・システム導入支援、運用定着化まで一貫してサービス提供可能です。

・金融商品取引法、貸金業法、 不動産特定共同事業法など各法律に準拠。事業開始に必要な網羅的なシステム機能の標準搭載に加え、お客様の要望に沿った柔軟なカスタマイズが可能です。

・業務効率化(自動化)のサポートが充実しており、投資商品の設計・開発にリソースを集中させることができます。

 

まずはお気軽にお問い合わせください。

問い合わせる