光学技術×半導体技術を融合した顕微観察装置「MID」で科学の発展に貢献する「IDDK」株式投資型クラウドファンディングを開始

顕微な世界を身近にする顕微観察装置「MID(マイクロ・イメージング・デバイス)」を開発する株式会社IDDK(東京都江東区 代表取締役:上野 宗一郎)は株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」において、2020年2月 5日(水)より募集による投資申込みの受付を開始することをお知らせします。

【当社プロジェクトページ】
https://fundinno.com/projects/113

当社プロジェクトとクラウドファンディング実施目的について
顕微観察という、世界をよりよく変える可能性がある技術を世に出すために、株式会社IDDKは光学技術と半導体技術の融合により、顕微鏡から顕微観察技術(マイクロイメージングデバイス)への顕微観察の革新に成功しています。この度、この顕微観察技術の事業化を目指し、2020年1月 31日より株式投資型クラウドファンディングFUNDINNOにおいて、募集案内の事前開示を開始いたします。弊社は今回の資金調達により資本力の充実を図り、事業の成長に繋げます。募集期間は2020年2月 5日~2020年2月 7日、上限とする募集額は 25,000,000円(1口 10万、1人 5口まで)です。

IDDKの強みは、顕微観察技術と併せて半導体マネジメントスキルを有する点です。弊社代表の上野はこれまで半導体技術の開発に従事する中で築いたネットワークがあります。それにより、これまで数量ベースでの開発によるコスト増大が特徴だった半導体について、量産に応じたコストダウンなどがクライアントごとに対応可能だからです。今後はバイオ、医療などの専門領域から食や衣服など幅広い用途に展開することにより、企業の成長を目指します。

■会社概要
・会社名:株式会社IDDK
・所在地:東京都江東区富岡1-12-8 アサヒビル309
・代 表:上野 宗一郎
・設 立:2017年6月
・事業内容:顕微観察装置の研究・開発・製造・販売
顕微観察周辺技術の開発・製造・販売・URL     : https://iddk.co.jp

 

投資型クラウドファンディングシステムCrowdShip Fundingであれば、専任のコンサルタントがクラウドファンディング事業の構築を着実に支援し、成功に導きます。

 

・Fintechサービスに不可欠であるセキュアなシステム設計で、安心してクラウドファンディング事業を運営可能です。

・事業立ち上げからライセンス取得、業務設計・システム導入支援、運用定着化まで一貫してサービス提供可能です。

・金融商品取引法、貸金業法、 不動産特定共同事業法など各法律に準拠。事業開始に必要な網羅的なシステム機能の標準搭載に加え、お客様の要望に沿った柔軟なカスタマイズが可能です。

・業務効率化(自動化)のサポートが充実しており、投資商品の設計・開発にリソースを集中させることができます。

 

まずはお気軽にお問い合わせください。

問い合わせる