「victory fund」 第3号小平市用地収益化プロジェクトNo.2の情報公開のお知らせ

カチデベロップメント株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役:足立 和夫 以下、カチデベロップメント)は、完全オンライン完結型の総合不動産投資プラットフォームサービス「victory fund」において、第3号ファンドとなる「victory fund第3号小平市用地収益化プロジェクトNo.2」(以下、「本ファンド」といいます。)の情報を公開しましたので、お知らせします。

【victory fund第3号小平市用地収益化プロジェクトNo.2】
URL:https://victory-fund.jp/investment/investment_entry.html?command=new&fund_id=3

  • ファンド概要

 

ファンド名victory fund第3号小平市用地収益化プロジェクトNo.2
物件種別土地
募集金額5,000万円
予定分配率10.0%
予定運用期間10ヶ月
最低出資金額100,000円(1口1万円×10口)
募集期間開始:2021年7月12日  17:00
終了:2021年7月19日  23:59
ファンド詳細URLhttps://victory-fund.jp/investment/investment_entry.html?command=new&fund_id=3

 

  • 投資対象物件の位置する「小平」の魅力

東京都小平市は東京多摩地区の北西部に位置し、林や農地などが多く自然豊かで住みやすい街です。東京都心部へのアクセスもよく、小平市の主要駅から新宿を始めとした都心部駅には30分程度の電車移動で出られるため、自然豊かな閑静なベッドタウンとして人気があります。
また、一橋大学や津田塾大学、武蔵野美術大学など多くの大学のキャンパスがある学園都市としての側面もあり、人口構成では20代の若者や留学生を含む学生の比率が高い特徴もあります。
小平は引き続きベッドタウンとしての魅力から未利用地の活用の需要があり、投資対象物件も十分な利用の需要を見込めるため、投資家の皆様に大変好評だった第2号案件となる「victory fund第2号小平市用地収益化プロジェクトNo.1」の隣接地を投資対象として、第3号案件として今回選定し、出資の募集を行うこととしました。

  • amazonギフト券プレゼントキャンペーン実施のお知らせ(8月末まで)

 

 

victory fundではサービスのローンチ以降、順調にファンドの募集を続け、今回第3号案件の募集を実施するに至りました。これまでvictory fundに投資頂いた投資家の皆様の支援に感謝申し上げるとともに、より多くの皆様に不動産小口投資を通じた地域活性化への貢献を体験していただこうと、今回、新規に投資家登録を完了された投資家向けにアマゾンギフト券のプレゼントキャンペーンを実施させていただくこととなりました。
この機会により多くの皆様にvictory fundへの投資家登録を行って投資機会を持っていただければと考えております。

  • victory fund概要

サービス名であるvictory fundは不動産物件の「価値」向上による投資収益獲得の「勝ち」を提供するためのシステム及びファンドを組成していくというブランドメッセージ「日本の不動産クラウドファンディングにあたらしい価値と勝ちを。」を集約した名称となっております。

victory fundの詳細は下記サイトをご覧ください。
https://victory-fund.jp/

  • 運営会社概要

会社名: カチデベロップメント株式会社
代表者: 代表取締役 足立 和夫
所在地: 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-5-15 昇賢ビル2階
設立: 1997年7月7日
資本金: 1億3,425万円
事業内容: 不動産特定共同事業法に基づく不動産クラウドファンディング、不動産開発販売事業、プロパティマネジメント事業
企業URL: https://kachi-dev.com/

記事引用元:

投資型クラウドファンディングシステムCrowdShip Fundingであれば、専任のコンサルタントがクラウドファンディング事業の構築を着実に支援し、成功に導きます。

 

・Fintechサービスに不可欠であるセキュアなシステム設計で、安心してクラウドファンディング事業を運営可能です。

・事業立ち上げからライセンス取得、業務設計・システム導入支援、運用定着化まで一貫してサービス提供可能です。

・金融商品取引法、貸金業法、 不動産特定共同事業法など各法律に準拠。事業開始に必要な網羅的なシステム機能の標準搭載に加え、お客様の要望に沿った柔軟なカスタマイズが可能です。

・業務効率化(自動化)のサポートが充実しており、投資商品の設計・開発にリソースを集中させることができます。

 

まずはお気軽にお問い合わせください。

問い合わせる