SBI子会社、ソーシャルレンディング事業から撤退

[東京 24日 ロイター] – SBIホールディングスは24日、子会社がソーシャルレンディング事業から撤退することを決めたと発表した。国内メディアの報道によると、同子会社を巡っては投資勧誘の違反行為があったとして金融庁が業務停止命令を出す方向で最終調整している。

子会社「SBIソーシャルレンディング」は、今後の業務運営について、第三者委員会の調査報告書をもとに検討を重ねた結果、事業の継続は困難と判断し、24日付の取締役会で全既存ファンドの償還を条件に、自主的な廃業と事業からの撤退を決めたとしている。

SBI HDは、今回の決定が連結業績に与える影響は軽微とみている。

記事引用元:https://jp.reuters.com/article/sbi-sociallending-withdraw-idJPKCN2D506O

投資型クラウドファンディングシステムCrowdShip Fundingであれば、専任のコンサルタントがクラウドファンディング事業の構築を着実に支援し、成功に導きます。

 

・Fintechサービスに不可欠であるセキュアなシステム設計で、安心してクラウドファンディング事業を運営可能です。

・事業立ち上げからライセンス取得、業務設計・システム導入支援、運用定着化まで一貫してサービス提供可能です。

・金融商品取引法、貸金業法、 不動産特定共同事業法など各法律に準拠。事業開始に必要な網羅的なシステム機能の標準搭載に加え、お客様の要望に沿った柔軟なカスタマイズが可能です。

・業務効率化(自動化)のサポートが充実しており、投資商品の設計・開発にリソースを集中させることができます。

 

まずはお気軽にお問い合わせください。

問い合わせる